MidnightCommander-Linux用のコンソールベースのファイルマネージャー


ファイルの移動やファイルのコピーなど、コンソール環境で多くのファイルを操作する場合、作業が面倒であることに気付く場合があります。 GUI環境には、ファイルマネージャーがあります。ファイルマネージャーはあなたを助け、ファイルに関連するあなたの活動をスピードアップします。ファイルに関連付けられているすべての構文/コマンドを覚えておく必要はありません。クリックしてドラッグするか、ショートカットを押すだけでジョブが完了します。

コンソール環境では、コマンド/構文を覚えておく必要があります。幸い、Linuxには、コンソール環境で動作するテキストベースのファイルマネージャーがあります。名前はミッドナイトコマンダーです(後でMCと呼びます)。

ミッドナイトコマンダーとは

MidnightCommanderのWebサイトには次のように書かれています。

「GNUMidnightCommanderはビジュアルファイルマネージャーであり、GNU General Public Licenseの下でライセンスされているため、フリーソフトウェアとしての資格があります。これは、ファイルとディレクトリツリー全体をコピー、移動、削除したり、ファイルを検索したり、サブシェルでコマンドを実行したりできる、機能豊富なフルスクリーンテキストモードアプリケーションです。内部ビューアとエディタが含まれています」

LinuxにMidnightCommanderをインストールする方法

デフォルトでは、MCはLinuxマシンにインストールされていません。したがって、最初にインストールする必要があります。 Debian、Ubuntu、Linux Mintでは、次のapt-getコマンドを使用できます。

$ sudo apt-get install mc

RHEL、CentOS、Fedoraでは、次のコマンドを使用できます。

# yum install mc

インストールが完了したら、コンソールから「mc」(引用符なし)と入力するだけで実行できます。

# mc

ミッドナイトコマンダーの機能

MCには、ユーザーまたはLinux管理者に役立つ多くの機能があります。日常的に役立つ可能性のある機能をいくつか紹介します。

MCは2つの列に分かれています。左の列と右の列。これらの列は、互いに独立したウィンドウです。各ウィンドウはアクティブディレクトリを表します。 Tabボタンを使用してウィンドウを切り替えることができます。下部に、数字が前に付いたボタンがあります。これらの番号は、F1〜F10ボタンを表します。

あるディレクトリから別のディレクトリにファイルをコピーするには、ファイルを強調表示して「F5」キーを押すだけです。複数のファイルをコピーしたい場合は、コピーしたいファイルごとに「挿入」ボタンを押す必要があります。

MCは、宛先フォルダー(To)、リンクの追跡、属性の保持について確認を求めます。通常、Toパラメーターにのみ焦点を当てることができます。 OKを押すだけでコピープロセスをコミットできます。

ファイルの削除は簡単です。ファイルを強調表示し、「F8」キーを押して削除を確認するだけです。ファイルの移動は、「F6」キーを使用して実行できます。

一方、ファイルの名前変更は異なります。 「F6」キーを押すときは、Toパラメータでファイルの「新しいファイル名」を必ず追加する必要があります。ファイルの名前を変更する場合のスクリーンショットを次に示します。

ディレクトリを作成するには、「F7」キーを押します。 MCは、現在のディレクトリに新しいディレクトリを作成します。 MCがファイルに対して実行できることの詳細については、「F9」>「ファイル」を押してください。

コンソールモードには、vi、joe、nanoなどの多くのテキストエディタがあります。 MCには独自の内部ビューアがあります。ファイルテキストの内容を表示したい場合は、ファイルを強調表示して「F3」キーを押すことができます。必要に応じてファイルを編集することもできます。ファイルを強調表示し、「F4」を押して編集を開始します。

初めてテキストエディタを実行すると、MCはデフォルトのテキストエディタを選択するように求めます。出力例は次のとおりです。

[email protected] ~ $ 

Select an editor.  To change later, run 'select-editor'.
  1. /bin/ed
  2. /bin/nano

次に、「F4」ボタンを押してファイルを編集すると、MCは選択したテキストエディタを使用します。デフォルトのエディタを変更する場合は、「F2」ボタンを押して「@」記号を選択し、「select-editor」(引用符なし)と入力します。

MCによって検出されない他のテキストエディタを使用したい場合はどうなりますか? Viテキストエディタを使用するとします。この場合、別の方法で行うことができます。ホームディレクトリには、「。selected_editor」ファイルがあります。これは隠しファイルなので、ドット記号で始まります。ファイルを編集します。次のように表示されます。

# Generated by /usr/bin/select-editor
SELECTED_EDITOR="/usr/bin/vi"

ファイルとディレクトリには権限があります。権限は、ファイルとディレクトリの読み取り、書き込み、実行を実行できるユーザーを管理します。それを管理するコマンドはchmodです。ターミナルで「manchmod」と入力すると、chmodの使い方が詳しくわかります。

MCでは、ファイルを選択してから「F9」>「ファイル」>「Chmod」を押すか、「Ctrl-x」と「c」を押すだけです。 MCは、選択したファイルの現在のアクセス許可を表示し、設定可能なその他のパラメーターを表示します。

ファイルとディレクトリにも所有者とグループ所有者がいます。これらの所有者の特権は、上記のchmodコマンドによって管理されます。所有者を管理するコマンドはchownです。

いつものように、ターミナルで「man chown」と入力すると、chownの使用方法が詳しくわかります。 MCでは、ファイルを選択してから「F9」>「ファイル」>「Chown」を押すか、「Ctrl-x」と「o」を押すだけです。これで、使用可能なユーザー名とグループ名のリストから所有者とグループ所有者を設定できます。

MCにはAdvancedChownもあります。 chmodとchownの組み合わせです。 1つの場所で2つの異なるタスクを実行できます。 「F9」>「ファイル」>「AdvancedChown」を押します。

デフォルトでは、MCは2列のインターフェースを表示します。左右。これらの列は、ローカルディレクトリ専用ではありません。 FTPリンクを使用して、一方または両方をリモートコンピュータに接続できます。

この場合、MCはFTPクライアントとして機能します。 FTPサービスに接続するには、「F9」>「FTPリンク」を押す必要があります。 MCはFTPの資格情報を要求します。資格情報の形式は次のようになります。

user:[email protected]_or_ip_address

正しければ、列にリモートコンピュータ上のディレクトリが表示されます。

FTPリンクを切断するには、「F9」>コマンド>アクティブVPSリンクを押します。 Active VFSディレクトリリストに、FTPリンクが表示されます。 FTPリンクを選択し、今すぐ「無料のVFS」を押してください。現在のFTPリンクを切断せずにローカルフォルダに切り替えるだけの場合は、[変更]を選択します。

ネットワークでプロキシサーバーを使用している場合は、FTPプロキシを使用するようにMCを構成できます。 「F9」を押します>オプション>仮想FS>常にftpプロキシを使用します。

Midnight Commandを終了するには、「F9」>「ファイル」>「終了」を押します。または、「F10」を押して終了します。 MidnightCommanderにはまだ多くの機能があります。

MC機能の詳細については、Midnight CommanderFAQをご覧ください。

  1. https://midnight-commander.org/wiki/doc/faq