日々:Javaプログラミング言語の学習–パート2


前回の記事「Javaプログラミングパート– I」の一歩先を行く。この投稿では、アプリケーションの開発に非常に役立つJavaの制御ステートメントとループについて学習します。

Javaのifステートメントは、シェルスクリプトを含む世界の他のプログラミング言語のifステートメントと同様に機能します。

プログラム3:compare.java

class compare{ 
public static void main(String args[]){ 
int a,b; 
a=10; 
b=20; 
if(a < b)  
System.out.println("a(" +a+ ")is less than b(" +b+")");  
a=a*2;  
if(a==b)  
System.out.println("a(" +a+ ")is equal to b(" +b+")");  
a=a*2;  
if(a>b) 
System.out.println("a(" +a+ ")is greater than b(" +b+")"); 
} 
}

次のように保存します:compare.java。そしてそれをコンパイルして、示されているように実行します。

# javac compare.java
# java compare
a(10)is less than b(20) 
a(20)is equal to b(20) 
a(40)is greater than b(20)

注:上記のプログラムでは

  1. A class namely compare is defined.
  2. Two Integers are declared with the initial value of 10 and 20 respectively.
  3. The if statement checks the condition and act according to the statement. Syntax of if statement is if (condition) statement;
  4. System.out.println prints anything and everything that is placed between double quotes. Anything within the quotes are printed as it is, and outside of quotes are treated as variable.
  5. + is a concatenation, which is used to concatenate two parts of a statement.

プログラミングの経験がある場合は、ループステートメントの重要性を認識していることを確認してください。ここでも、forループステートメントは、任意の言語のforステートメントと同様に機能します。

Program4:forloop.java

class forloop{ 
public static void main(String args[]){ 
int q1; 
for (q1=0; q1<=10; q1++) 
System.out.println("The value of interger: "+q1); 
} 
}

forloop.javaとして保存します。そしてそれをコンパイルして、示されているように実行します。

# javac forloop.java
# java forloop
Output:
The value of interger: 0 
The value of interger: 1 
The value of interger: 2 
The value of interger: 3 
The value of interger: 4 
The value of interger: 5 
The value of interger: 6 
The value of interger: 7 
The value of interger: 8 
The value of interger: 9 
The value of interger: 10

注:上記のプログラムでは、forステートメントを除いて、すべてのステートメントとコードは上記のプログラムとほぼ同じです。

  1. The above for statement is a loop, which continues to execute again and again till the conditions are satisfied.
  2. The for loop, generally is divided in three chunks of codes separated by semicolon, each of which is very meaningful.
  3. The first part (q1=0, in the above program) is called initialiser. i.e., the above integer, q1 is forced to start with ‘0‘.
  4. The second part (q1<=10, in the above program) is called condition. i.e., the above integer is permitted to go up-to the value of 10 or less than 10, which ever is correct for the given situation.
  5. The Third and the last part (q1++, in the above code, which may be written as q+1) is called iteration.i.e., the above integer value is asked to increase with a value of ‘+1‘ every time the loop is executed, till the condition is satisfied.

上記のプログラムには、「forループ」にリンクされたステートメントが1つだけあります。しかし、より大きくより洗練されたプログラムでは、ループステートメントを複数のステートメントにリンクしたり、コードのブロックを言ったりすることができます。

プログラム5:loopblock.java

class loopblock{ 
	public static void main(String args[]){ 
		int x, y=20;		 
		for(x=0;x<20;x=x+2) 
		{ 
		System.out.println("x is: "+x); 
		System.out.println("y is: "+y); 
		y=y-2; 
} 
} 
}

次のように保存します:loopblock.java。そしてそれをコンパイルして、示されているように実行します。

# javac loopblock.java
# java loopblock
x is: 0 
y is: 20 
x is: 2 
y is: 18 
x is: 4 
y is: 16 
x is: 6 
y is: 14 
x is: 8 
y is: 12 
x is: 10 
y is: 10 
x is: 12 
y is: 8 
x is: 14 
y is: 6 
x is: 16 
y is: 4 
x is: 18 
y is: 2

注:上記のプログラムは、forループにリンクされたコードのブロックを使用することを除いて、前のプログラムとほとんど同じです。複数のステートメント/ブロックを実行するには、すべてのステートメントを「{….codes/block ..}」として配置する必要があります。そうしないと、コードが正しくコンパイルされません。

必要に応じて、forループの減少ステートメントに「x-–」または「x-1」を使用できます。

たくさんのコードを垣間見た後、コーディングの後の段階で役立つ小さな理論を知る必要があります。

これまで見てきたことは次のとおりです。Javaプログラムは、空白、識別子、コメント、リテラル、演算子、区切り文字、およびキーワードのコレクションです。

Javaは自由形式の言語であるため、インデント規則に従う必要はありません。各トークンの間に1つの空白を入れて、すべてのコードを1行に書き込むことができ、正しく実行されます。しかし、理解するのは難しいでしょう。

Javaでは、識別子はクラス名、メソッド名、または変数名です。大文字、小文字、それらのシーケンス、またはこれらすべてと「$」などの特殊文字の組み合わせにすることができます。ただし、識別子を数値で始めることはできません。

Javaでの有効な識別子の例:

s4, New#class, TECmint_class, etc.

Javaの定数値は、リテラルを使用して作成されます。たとえば、「115」は整数リテラルです。 「3.14」は浮動小数点リテラル、「X」は文字定数、「tecmintはフォステクノロジー専用の最高のオンラインサイト」は文字列リテラルです。

コメントは、Javaまたはその他の言語でのコードの実行とは関係ありませんが、コード間のコメントにより、コードが読みやすく、人間が理解できるようになります。必要に応じて、コード行の間にコメントを書き込むことをお勧めします。

Javaでは、/ **と** /の間はすべてドキュメント化を目的としており、コメントです。

特定のセパレータはJavaで定義されています。

  1. Parenthesis ()
  2. Braces {}
  3. Brackets []
  4. Semicolon ;
  5. comma ,
  6. Period .

注:各セパレータには意味があり、必要に応じて使用する必要があります。一方を他方の代わりに使用することはできません。コード自体の後のフェーズで、それらについて詳しく説明します。

Javaで定義されている50の予約済みキーワードがあります。これらのキーワードには事前定義された意味があるため、これらのキーワードを変数、クラス、またはメソッドの名前として使用することはできません。

abstract	continue	for	          new	        switch
assert	        default	        goto	          package	synchronized
boolean	        do	        if	          private	this
break   	double	        implements	  protected	throw
byte	        else	        import	          public	throws
case	        enum	        instanceof	  return	transient
catch	        extends	        int	          short	        try
char	        final	        interface	  static	void
class	        finally	        long	          strictfp	volatile
const	        float	        native	          super	        while

キーワードの短所とキーワードは予約されていますが、使用されていません。これらすべてのものに緊張している。あなたは実際に緊張する必要はありませんし、これらすべてのものを暗記する必要もありません。 Javaを使い始めると、これらすべてに慣れることになります。

今のところ私からは以上です。コメント欄に、記事の感想をお聞かせください。間もなく、このシリーズの次のパートを考えます。それからTecmintに接続し続けるまで、お楽しみに健康を維持してください。