を使用してLinuxシステムのクローンを作成/バックアップする方法-MondoRescue災害復旧ツール


Mondo Rescueは、オープンソースの無料のディザスタリカバリおよびバックアップユーティリティであり、完全なシステム(LinuxまたはWindows)のクローン/バックアップISOイメージをCD、DVD、テープ、USBデバイス、ハードディスク、およびNFSに簡単に作成できます。また、作業イメージを他のシステムにすばやく復元または再展開するために使用できます。データが失われた場合は、バックアップメディアからシステムデータ全体を復元できます。

Mondoプログラムは無料でダウンロードでき、GPL(GNU Public License)の下でリリースされており、多数のLinuxディストリビューションでテストされています。

この記事では、Mondoのインストールと、システム全体をバックアップするためのMondoToolsの使用法について説明します。 Mondo Rescueは、システム管理者がLinuxおよびWindowsファイルシステムパーティションの完全バックアップをCD/DVD、テープ、NFSに取得し、起動時に使用するMondoRestoreメディア機能を使用してそれらを復元するためのディザスタリカバリおよびバックアップソリューションです。 。

RHEL / CentOS / ScientificLinuxへのMondoRescueのインストール

最新のMondoRescueパッケージ(Mondoの現在のバージョンは3.0.3-1)は、「MondoRescueリポジトリ」から入手できます。 「wget」コマンドを使用して、システムの下にリポジトリをダウンロードして追加します。 Mondoリポジトリは、afio、buffer、mindi、mindi-busybox、mondo、mondo-docなどの適切なバイナリソフトウェアパッケージを、利用可能な場合はディストリビューションにインストールします。

「/etc/yum.repos.d/」の下にあるMondoRescueリポジトリをファイル名「mondorescue.repo」としてダウンロードします。 LinuxOSディストリビューションバージョンの正しいリポジトリをダウンロードしてください。

# cd /etc/yum.repos.d/

## On RHEL/CentOS/SL 6 - 32-Bit ##
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/rhel/6/i386/mondorescue.repo

## On RHEL/CentOS/SL 5 - 32-Bit ##
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/rhel/5/i386/mondorescue.repo

## On RHEL/CentOS/SL 4 - 32-Bit ##
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/rhel/4/i386/mondorescue.repo
# cd /etc/yum.repos.d/

## On RHEL/CentOS/SL 6 - 64-Bit ##
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/rhel/6/x86_64/mondorescue.repo

## On RHEL/CentOS/SL 5 - 64-Bit ##
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/rhel/5/x86_64/mondorescue.repo

## On RHEL/CentOS/SL 4 - 64-Bit ##
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/rhel/4/x86_64/mondorescue.repo

リポジトリを正常に追加したら、「yum」を実行して最新のMondoツールをインストールします。

# yum install mondo

Debian / Ubuntu / LinuxMintへのMondoRescueのインストール

Debianユーザーは、「wget」を実行して、Debain6および5ディストリビューションのMondoRescueリポジトリを取得できます。次のコマンドを実行して「mondorescue.sources.list」を「/etc/apt/sources.list」ファイルに追加し、Mondoパッケージをインストールします。

## On Debian 6 ##
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/debian/6/mondorescue.sources.list
# sh -c "cat mondorescue.sources.list >> /etc/apt/sources.list" 
# apt-get update 
# apt-get install mondo
## On Debian 5 ##
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/debian/5/mondorescue.sources.list
# sh -c "cat mondorescue.sources.list >> /etc/apt/sources.list" 
# apt-get update 
# apt-get install mondo

Ubuntu 12.10、12.04、11.10、11.04、10.10、10.04またはLinux Mint13にMondoRescueをインストールするには、ターミナルを開き、「/ etc/apt /sources.list」ファイルにMondoRescueリポジトリを追加します。次のコマンドを実行して、MondoResuceパッケージをインストールします。

# wget ftp://ftp.mondorescue.org/ubuntu/`lsb_release -r|awk '{print $2}'`/mondorescue.sources.list
# sh -c "cat mondorescue.sources.list >> /etc/apt/sources.list" 
# apt-get update 
# apt-get install mondo

システム/サーバーのクローン作成またはバックアップISOイメージの作成

Mondoをインストールした後、「root」ユーザーとして「mondoarchive」コマンドを実行します。次に、システム全体のISOベースのバックアップメディアを作成する方法を示すスクリーンショットに従います。

# mondoarchive

モンドレスキューへようこそ

ISOイメージのディレクトリへのフルパス名を入力してください。例:/ mnt/backup /

[圧縮の種類]を選択します。例:bzip、gzip、またはlzo。

最大圧縮オプションを選択します。

各ISOイメージの大きさをMB(メガバイト)で入力してください。これは、CD-R(W)のサイズ(つまり700)およびDVDのサイズ(つまり4480)以下である必要があります。

ISOイメージファイル名の名前を入力してください。例:tecmint1は、tecmint- [1-9] *。isoファイルを取得します。

ファイルシステムをバックアップに追加してください(「|」で区切ってください)。デフォルトのファイルシステムは「/」で、完全バックアップを意味します。

バックアップしたくないファイルシステムを除外してください(「|」で区切ってください)。例:「/ tmp」と「/ proc」は常に除外されます。システムの完全バックアップが必要な場合は、Enterキーを押してください。

一時ディレクトリパスを入力するか、デフォルトのパスを選択してください。

スクラッチディレクトリパスを入力するか、デフォルトのパスを選択してください。

拡張属性をバックアップしたい場合。 「Enter」を押すだけです。

バックアップを検証する場合は、mondoがバックアップを作成した後。 「はい」をクリックします。

安定したスタンドアロンのLinuxカーネルを使用している場合は、[はい]をクリックするか、他のカーネルを使用している場合は、「Gentoo」または「Debain」と言って「いいえ」をクリックします。

「はい」をクリックして先に進みます。

「/」ファイルシステムのカタログを作成します。

ファイルリストをセットに分割します。

MINDIを呼び出してブート+データディスクを作成します。

ファイルシステムのバックアップ。数時間かかる場合がありますので、しばらくお待ちください。

大きなファイルのバックアップ。

「mkisofs」を実行してISOイメージを作成します。

ISOイメージtarballの検証。

ISOイメージビッグファイルの検証。

いよいよモンドアーカイブが完成しました。 「Enter」を押してシェルプロンプトに戻ってください。

デフォルトのバックアップパスを選択した場合は、「/ var/cache/mondo /」の下にISOイメージが表示され、後で復元するためにCD/DVDに書き込むことができます。

すべてのファイルを自動的に復元するには、Mondo ISO Imageを使用してシステムを起動し、起動プロンプトで「nuke」と入力してファイルを復元します。これは、CD/DVDメディアからファイルを自動的に復元する方法を示す詳細なビデオです。