TightVNC JavaViewerを使用してWebブラウザからリモートVNCデスクトップにアクセスする方法


VNCは(Virtual Network Computing)の略で、VNCViewerと呼ばれるVNCクライアントを使用してマシンをリモートで管理および制御するためのオープンソースのグラフィカルデスクトップ共有ツールです。リモートデスクトップにアクセスするには、マシンにVNCクライアントをインストールする必要がありますが、マシンにVNCクライアントをインストールせず、リモートでアクセスする場合。どうやって?

そのようなシナリオでは、あなたは何をしますか。それでも、Firefox、Chrome、Netscapeなどの最新のWebブラウザを使用してVNCにアクセスできます。しかし、どうすればよいでしょうか。言っておくけど。

TightVNCは、TightVNC JavaViewerと呼ばれる標準のWebブラウザプログラムを提供する最新の大幅に強化されたデスクトップ共有プログラムです。

TightVNC Java Viewerは、Javaプログラミング言語で記述されたリモートコントロールプログラムです。 JavaがインストールされているリモートVNC対応ボックスに接続し、コンピューターの前に座っているのと同じように、Webブラウザーから直接マウスとキーボードを使用して制御および管理できます。これは、システム管理者が追加のソフトウェアをインストールせずにWebブラウザから直接リモートデスクトップを管理するための簡単で使いやすいソリューションです。

リモートマシンには、VNC、UltraVNC、TightVNCなどのVNC互換サーバーが実行されている必要があります。ただし、TightVNCサーバーをインストールすることをお勧めします。 RHEL、CentOS、FedoraシステムにTightVNCサーバーをインストールする方法を示す次の記事を使用してください。

  1. Install TightVNC Server to Access Remote Desktops

これとは別に、JavaがインストールされたApacheWebサーバーも実行しています。 LinuxシステムにJavaをインストールする方法を示す以下のガイドに従ってください。

  1. Install Java in Linux

TightVNCサーバーとJavaをインストールしたら、さらにWebサーバーをインストールします。次の「yumコマンド」を使用して、Apacheサーバーをインストールします。

# yum install httpd httpd-devel

これで、必要なすべてのソフトウェアがシステムにインストールされました。 TightVNC JavaViewerをダウンロードしてインストールしてみましょう。

TightVNC JavaViewerをインストールしてリモートデスクトップにアクセスする

TightVNCダウンロードページに移動して最新のコードを取得するか、次の「wgetコマンド」を使用してダウンロードします。

Apache Webルートディレクトリ(つまり、/ var/www/html)に移動し、空のディレクトリ「vncweb」を作成します。 「wget」を使用して、フォルダー内のファイルをダウンロードします。図のように、unzipコマンドを使用してファイルを抽出し、viewer-applet-example.htmlファイルの名前をindex.htmlに変更します。

# cd /var/www/html
# mkdir vncweb
# cd vncweb
# wget http://www.tightvnc.com/download/2.7.2/tvnjviewer-2.7.2-bin.zip
# unzip tvnjviewer-2.7.2-bin.zip 
# mv viewer-applet-example.html index.html

提案されているように、任意のエディターまたはnanoエディターを使用してindex.htmlファイルを開きます。

# nano index.html

次に、接続するサーバーのIPアドレス、VNCポート番号、およびVNCユーザーのパスワードを定義します。たとえば、私のサーバーIPアドレスは「172.16.25.126」、ポートは「5901」、パスワードは「tecmint」というVNCユーザーの「abc123」です。

<param name="Host" value="172.16.25.126" /> <!-- Host to connect. -->
<param name="Port" value="5901" /> <!-- Port number to connect. -->
<!--param name="Password" value="abc123" /--> <!-- Password to the server. -->

に移動して、ブラウザからユーザー「tecmint」のVNCデスクトップにアクセスします。

http://172.16.25.126/vncweb

署名されていないアプリケーションが実行許可を要求していることを示す「セキュリティ警告」メッセージが表示されます。以下に説明するように、アプリケーションを受け入れて実行するだけです。

「tecmint」デスクトップにアクセスするには、パスワードを入力してください。

もう一度パスワードを入力します。

これで、リモートデスクトップに正常に接続できました。

他のコンピュータからアクセスしている場合は、「プラグインがありません」というエラーが表示される場合があります。プラグインをインストールしてアクセスするだけです。最新のJavaプラグインは、Javaのダウンロードページで入手できます。