LinuxBASHスクリプティングの世界を航海する-パートIII


「シェルスクリプト」シリーズのこれまでの次の記事は高く評価されたため、この記事を書いているのは、終わりのない学習プロセスを拡張するためです。

  1. Understand Basic Linux Shell Scripting Language Tips – Part I
  2. 5 Shell Scripts for Linux Newbies to Learn Shell Programming – Part II

キーワードは、コンピュータ言語にとって特別な意味を持つ単語または記号です。次の記号と単語は、引用符で囲まれていない場合やコマンドの最初の単語である場合、Bashにとって特別な意味を持ちます。

! 			esac 			select 		} 
case 			fi 			then 		[[ 
do 			for 			until 		]] 
done 			function 		while 		elif
if 			time 			else 		in 		{

ほとんどのコンピューター言語とは異なり、Bashでは、スクリプトが読みにくくなる可能性がありますが、キーワードを変数名として使用できます。スクリプトを理解しやすくするために、変数名にキーワードを使用しないでください。

コマンドはシェルにとして実装されます。コマンドのフルパスを含める必要がある場合があります。例:&#36(/ bin/date)、正しく実行するため。

「whereis」コマンドを使用して、特定のプログラムのパスを知ることができます。例:日付

[[email protected] /]# whereis date
date: /bin/date /usr/share/man/man1/date.1.gz

今のところはそれで十分です。これらの理論については、今はあまり話しません。スクリプトに来る。

現在の作業ディレクトリを移動する

実行中にスクリプトの最後に数値を入力するだけで、現在の作業ディレクトリから任意のレベルに移動します。

#! /bin/bash 
LEVEL=$1 
for ((i = 1; i <= LEVEL; i++)) 
do 
CDIR=../$CDIR 
done 
cd $CDIR 
echo "You are in: "$PWD 
exec /bin/bash

上記のコードを「up.sh」としてデスクトップに保存します。実行可能にします(chmod 755up.sh)。実行:

./up.sh 4(現在の作業ディレクトリを4レベル上に移動します)。

フォルダー内のフォルダーを含む大きなスクリプトでは、ライブラリ、バイナリ、アイコン、実行可能ファイルなどがさまざまな場所に含まれています。開発者は、このスクリプトを実装して、非常に自動化された方法で目的の場所に移動できます。

注:Forは上記のスクリプトのループであり、ループの値がtrueになるまで実行を継続します。

[[email protected] /]# chmod 755 up
[[email protected] /]# ./up.sh 2
You are in: /

[[email protected] /]# ./up.sh 4 
You are in: / 

[[email protected] /]#

ランダムなファイルまたはフォルダを作成する

重複の可能性のないランダムなファイル(フォルダー)を作成します。

#! /bin/bash

echo "Hello $USER";
echo "$(uptime)" >> "$(date)".txt
echo "Your File is being saved to $(pwd)"

これは単純なスクリプトですが、動作はそれほど単純ではありません。

  1. echo‘ : Prints everything written within the quotes.
  2. $‘ : Is a shell variable.
  3. >>‘ : The output is redirected to the output of date command followed by txt extension.

dateコマンドの出力は、年とともに時、分、秒の日付と時刻であることがわかっています。したがって、ファイル名が重複することなく、整理されたファイル名で出力を取得できます。ユーザーが将来の参照のためにタイムスタンプ付きで作成されたファイルを必要とする場合に非常に役立ちます。

[[email protected] /]# ./randomfile.sh  
Hello server 
Your File is being saved to /home/server/Desktop

デスクトップに作成されたファイルを、今日の日付と現在の時刻で表示できます。

[[email protected] /]# nano Sat\ Jul\ 20\ 13\:51\:52\ IST\ 2013.txt 
13:51:52 up  3:54,  1 user,  load average: 0.09, 0.12, 0.08

上記のスクリプトのより詳細な実装を以下に示します。これは、上記の原則に基づいて機能し、Linuxサーバーのネットワーク情報を収集するのに非常に役立ちます。

ネットワーク情報を収集するためのスクリプト

Linuxサーバー上のネットワーク情報を収集します。スクリプトが大きすぎるため、コード全体とスクリプトの出力をここに投稿することはできません。したがって、以下のダウンロードリンクを使用してスクリプトをダウンロードし、自分でテストすることをお勧めします。

注:lsb-coreパッケージおよびその他の必要なパッケージと依存関係をインストールする必要がある場合があります。必要なパッケージをAptまたはYumします。ここで使用されるコマンドのほとんどはrootとして実行されるように構成されているため、スクリプトを実行するには、明らかにrootである必要があります。

[[email protected] /]# ./collectnetworkinfo.sh  

The Network Configuration Info Written To network.20-07-13.info.txt. Please email this file to [email protected]_provider.com. ktop

スクリプト内の上記のメールアドレスを変更して、メールで送信することができます。自動生成されたファイルを表示できます。

大文字を小文字に変換するスクリプト

大文字を小文字に変換し、必要に応じて変更できるテキストファイル「small.txt」に出力をリダイレクトするスクリプト。

#!/bin/bash 

echo -n "Enter File Name : " 
read fileName 

if [ ! -f $fileName ]; then 
  echo "Filename $fileName does not exists" 
  exit 1 
fi 

tr '[A-Z]' '[a-z]' < $fileName >> small.txt

上記のスクリプトは、必要に応じて、ほとんど変更を加えることなく、シングルクリックで大文字から小文字に、またはその逆に、任意の長さのファイルの大文字小文字を変換できます。

[[email protected] /]# ./convertlowercase.sh  
Enter File Name : a.txt 

Initial File: 
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
...

新しいファイル(small.txt)の出力:

a
b
c
d
e
f
g
h
i
j
k
...

シンプルな電卓プログラム

#! /bin/bash 
clear 
sum=0 
i="y" 

echo " Enter one no." 
read n1 
echo "Enter second no." 
read n2 
while [ $i = "y" ] 
do 
echo "1.Addition" 
echo "2.Subtraction" 
echo "3.Multiplication" 
echo "4.Division" 
echo "Enter your choice" 
read ch 
case $ch in 
    1)sum=`expr $n1 + $n2` 
     echo "Sum ="$sum;; 
        2)sum=`expr $n1 - $n2` 
     echo "Sub = "$sum;; 
    3)sum=`expr $n1 \* $n2` 
     echo "Mul = "$sum;; 
    4)sum=`expr $n1 / $n2` 
     echo "Div = "$sum;; 
    *)echo "Invalid choice";; 
esac 
echo "Do u want to continue (y/n)) ?" 
read i 
if [ $i != "y" ] 
then 
    exit 
fi 
done
[[email protected] /]# ./simplecalc.sh 

Enter one no. 
12 
Enter second no. 
14 
1.Addition 
2.Subtraction 
3.Multiplication 
4.Division 
Enter your choice 
1 
Sum =26 
Do u want to continue (y/n)) ? 
y
1.Addition 
2.Subtraction 
3.Multiplication 
4.Division 
Enter your choice 
3 
mul = 14812
Do u want to continue (y/n)) ? 
n

それで、あなたはそのような単純な方法で計算として強力なプログラムを作成することがいかに簡単であるかを見ましたか?それで終わりではありません。このシリーズの少なくとももう1つの記事を取り上げ、管理の観点から幅広い視点をカバーします。

それは今のところすべてです。読者であり、最高の批評家であることは、この記事でどれだけ楽しんだか、そして将来の記事で何を見たいかを私たちに伝えることを忘れないでください。どんな質問でもコメントで大歓迎です。それまでは、健康、安全、そして調整を続けてください。私たちを好きで共有し、私たちが広がるのを手伝ってください。