Linuxサーバーを管理するためのAjenti(Webベースのコントロールパネル)をインストールします


Ajentiは、Webminモジュールとよく似たWebブラウザからのリモートシステム管理タスクを管理するためのオープンソースのWebベースのシステム管理コントロールパネルです。 Ajentiは非常に強力で軽量なツールであり、小規模サーバーのセットアップを管理するための高速で応答性の高いWebインターフェイスを提供し、VPSおよび専用サーバーにも最適です。 Apache、Cron、ファイルシステム、ファイアウォール、MySQL、Nginx、Munin、Samba、FTP、Squidなどのサーバーソフトウェアとサービスを構成および監視するための多くの既成のプラグインと、ファイルマネージャー、コードエディターなどの他の多くのツールで構築されています。開発者とターミナルアクセス。

この記事では、RHEL 6.4/6.3/6.2/6.1/6/5.8、CentOS 6.4/6.3/6.2/6.1/6/5.8、Fedora19/18にAjentiServerManagerツールをインストールする方法を紹介します。/17/16/15/14/13/12、Ubuntu 13.04/12.10/12.04/11.10、Linux Mint 15/14/13/12、Debian Sid、Debian Wheezy、DebianSqueezeシステムは独自のajentiリポジトリを使用しています。

RHEL / CentOSおよびFedoraへのAjentiのインストール

Ajentiはサードパーティのツールであり、依存関係パッケージをインストールするには、システムでEPELリポジトリを有効にする必要があります。指定されたリンクを使用してインストールします。

  1. Enable EPEL Repositories

有効にすると、「wget」コマンドを使用してAjentiの公式リポジトリをダウンロードしてインストールすることができます。 「wget」パッケージがない場合は、「yuminstallwget」を使用してインストールします。

# wget http://repo.ajenti.org/ajenti-repo-1.0-1.noarch.rpm
# rpm -i ajenti-repo-1.0-1.noarch.rpm

「YUM」パッケージマネージャーツールを使用してパッケージをインストールします。

# yum install ajenti

インストールが完了したら、ファイアウォール/ルーターの「8000」ポートを開いて、Webインターフェイスにリモートアクセスします。次のファイルをVIエディターで開きます。

# vi /etc/sysconfig/iptables

ファイルの最後に次の2行を追加し、保存して閉じます。

-A INPUT -p udp -m state --state NEW --dport 8000 -j ACCEPT 
-A INPUT -p tcp -m state --state NEW --dport 8000 -j ACCEPT

次に、iptablesサービスを再起動します。

# service iptables restart

Ubuntu / DebianおよびLinuxMintへのAjentiのインストール

上で述べたように、Ajentiはデフォルトのリポジトリに含まれていないため、追加する必要があります。それでは、ajentiPPAリポジトリをダウンロードして「/etc/apt/sources」.listに追加しましょう。

# wget http://repo.ajenti.org/debian/key -O- | apt-key add -
# echo "deb http://repo.ajenti.org/ng/debian main main" >> /etc/apt/sources.list

PPAを追加したら、システムを更新してからパッケージをインストールします。

# apt-get update && apt-get install ajenti

確認するには、ウェブブラウザを開き、AjentiをインストールしたサーバーのIPを入力し、デフォルトのユーザー名「admin」または「root」を入力し、パスワードは「admin」です。

https://localhost:8000
OR
https://ip-address:8000

参照リンク

Ajentiホームページ