Linuxエキスパート向けの20の高度なコマンド


この記事の最初の2つの部分であなたが私たちに与えてくれたすべてのいいね、良い言葉とサポートに感謝します。最初の記事では、Linuxに切り替えたばかりで、最初に必要な知識が必要なユーザー向けのコマンドについて説明しました。

  1. 20 Useful Commands for Linux Newbies

2番目の記事では、中級レベルのユーザーが自分のシステムを管理するために必要なコマンドについて説明しました。

  1. 20 Advanced Commands for Middle Level Linux Users

次は何?この記事では、Linuxサーバーの管理に必要なコマンドについて説明します。

41.コマンド:ifconfig

ifconfigは、カーネル常駐ネットワークインターフェイスを構成するために使用されます。起動時に、必要に応じてインターフェイスを設定するために使用されます。その後は、通常、デバッグ時またはシステムチューニングが必要な場合にのみ必要になります。

[[email protected] ~]$ ifconfig 

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 40:2C:F4:EA:CF:0E  
          inet addr:192.168.1.3  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0 
          inet6 addr: fe80::422c:f4ff:feea:cf0e/64 Scope:Link 
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1 
          RX packets:163843 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0 
          TX packets:124990 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0 
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:154389832 (147.2 MiB)  TX bytes:65085817 (62.0 MiB) 
          Interrupt:20 Memory:f7100000-f7120000 

lo        Link encap:Local Loopback  
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0 
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host 
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1 
          RX packets:78 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0 
          TX packets:78 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0 
          collisions:0 txqueuelen:0 
          RX bytes:4186 (4.0 KiB)  TX bytes:4186 (4.0 KiB)

「-a」引数を使用して、無効なインターフェイスを含むすべてのインターフェイスの詳細を表示します。

[[email protected] ~]$ ifconfig -a

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 40:2C:F4:EA:CF:0E  
          inet addr:192.168.1.3  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0 
          inet6 addr: fe80::422c:f4ff:feea:cf0e/64 Scope:Link 
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1 
          RX packets:163843 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0 
          TX packets:124990 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0 
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:154389832 (147.2 MiB)  TX bytes:65085817 (62.0 MiB) 
          Interrupt:20 Memory:f7100000-f7120000 

lo        Link encap:Local Loopback  
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0 
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host 
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1 
          RX packets:78 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0 
          TX packets:78 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0 
          collisions:0 txqueuelen:0 
          RX bytes:4186 (4.0 KiB)  TX bytes:4186 (4.0 KiB) 

virbr0    Link encap:Ethernet  HWaddr 0e:30:a3:3a:bf:03  
          inet addr:192.168.122.1  Bcast:192.168.122.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0 
          RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)
[[email protected] ~]$ ifconfig eth0 down
[[email protected] ~]$ ifconfig eth0 up

インターフェイスeth0のIPアドレスとして「192.168.1.12」を割り当てます。

[[email protected] ~]$ ifconfig eth0 192.168.1.12
[[email protected] ~]$ ifconfig eth0 netmask 255.255.255.
[[email protected] ~]$ ifconfig eth0 broadcast 192.168.1.255
[[email protected] ~]$ ifconfig eth0 192.168.1.12 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255

注:ワイヤレスネットワークを使用している場合は、コマンド「iwconfig」を使用する必要があります。その他の「ifconfig」コマンドの例と使用法については、15の便利な「ifconfig」コマンドを参照してください。

42.コマンド:netstat

netstatコマンドは、ネットワーク接続、ルーティングテーブル、インターフェイス統計、マスカレード接続、マルチキャストメンバーシップなど、さまざまなネットワーク関連情報を表示します。

[[email protected] ~]$ netstat -a

Active UNIX domain sockets (servers and established)
Proto RefCnt Flags       Type       State         I-Node   Path
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     741379   /run/user/user1/keyring-I5cn1c/gpg
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     8965     /var/run/acpid.socket
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     18584    /tmp/.X11-unix/X0
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     741385   /run/user/user1/keyring-I5cn1c/ssh
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     741387   /run/user/user1/keyring-I5cn1c/pkcs11
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     20242    @/tmp/dbus-ghtTjuPN46
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     13332    /var/run/samba/winbindd_privileged/pipe
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     13331    /tmp/.winbindd/pipe
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     11030    /var/run/mysqld/mysqld.sock
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     19308    /tmp/ssh-qnZadSgJAbqd/agent.3221
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     436781   /tmp/HotShots
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     46110    /run/user/ravisaive/pulse/native
unix  2      [ ACC ]     STREAM     LISTENING     19310    /tmp/gpg-zfE9YT/S.gpg-agent
....
[[email protected] ~]$ netstat -at

Active Internet connections (servers and established)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address           Foreign Address         State      
tcp        0      0 localhost:mysql         *:*                     LISTEN     
tcp        0      0 *:5901                  *:*                     LISTEN     
tcp        0      0 *:5902                  *:*                     LISTEN     
tcp        0      0 *:x11-1                 *:*                     LISTEN     
tcp        0      0 *:x11-2                 *:*                     LISTEN     
tcp        0      0 *:5938                  *:*                     LISTEN     
tcp        0      0 localhost:5940          *:*                     LISTEN     
tcp        0      0 ravisaive-OptiPl:domain *:*                     LISTEN     
tcp        0      0 ravisaive-OptiPl:domain *:*                     LISTEN     
tcp        0      0 localhost:ipp           *:*                     LISTEN     
tcp        0      0 ravisaive-OptiPle:48270 ec2-23-21-236-70.c:http ESTABLISHED
tcp        0      0 ravisaive-OptiPle:48272 ec2-23-21-236-70.c:http TIME_WAIT  
tcp        0      0 ravisaive-OptiPle:48421 bom03s01-in-f22.1:https ESTABLISHED
tcp        0      0 ravisaive-OptiPle:48269 ec2-23-21-236-70.c:http ESTABLISHED
tcp        0      0 ravisaive-OptiPle:39084 channel-ecmp-06-f:https ESTABLISHED
...
[[email protected] ~]$ netstat -s

Ip:
    4994239 total packets received
    0 forwarded
    0 incoming packets discarded
    4165741 incoming packets delivered
    3248924 requests sent out
    8 outgoing packets dropped
Icmp:
    29460 ICMP messages received
    566 input ICMP message failed.
    ICMP input histogram:
        destination unreachable: 98
        redirects: 29362
    2918 ICMP messages sent
    0 ICMP messages failed
    ICMP output histogram:
        destination unreachable: 2918
IcmpMsg:
        InType3: 98
        InType5: 29362
        OutType3: 2918
Tcp:
    94533 active connections openings
    23 passive connection openings
    5870 failed connection attempts
    7194 connection resets received
....

OK!何らかの理由で、ホスト、ポート、およびユーザー名をnetstatの出力として解決したくない場合。

[[email protected] ~]$ netstat -an

いいでしょう、割り込み命令が渡されるまで(ctrl + c)、netstatの出力を継続的に取得する必要があるかもしれません。

[[email protected] ~]$ netstat -c

「netstat」コマンドの例と使用法の詳細については、記事20Netstatコマンドの例を参照してください。

43.コマンド:nslookup

インターネットサーバーに関する情報を取得するために使用されるネットワークユーティリティプログラム。その名前が示すように、ユーティリティはDNSにクエリを実行してドメインのネームサーバー情報を検索します。

[[email protected] ~]$ nslookup tecmint.com 

Server:		192.168.1.1 
Address:	192.168.1.1#53 

Non-authoritative answer: 
Name:	tecmint.com 
Address: 50.16.67.239
[[email protected] ~]$ nslookup -query=mx tecmint.com 

Server:		192.168.1.1 
Address:	192.168.1.1#53 

Non-authoritative answer: 
tecmint.com	mail exchanger = 0 smtp.secureserver.net. 
tecmint.com	mail exchanger = 10 mailstore1.secureserver.net. 

Authoritative answers can be found from:
[[email protected] ~]$ nslookup -type=ns tecmint.com 

Server:		192.168.1.1 
Address:	192.168.1.1#53 

Non-authoritative answer: 
tecmint.com	nameserver = ns3404.com. 
tecmint.com	nameserver = ns3403.com. 

Authoritative answers can be found from:
[[email protected] ~]$ nslookup -type=any tecmint.com 

Server:		192.168.1.1 
Address:	192.168.1.1#53 

Non-authoritative answer: 
tecmint.com	mail exchanger = 10 mailstore1.secureserver.net. 
tecmint.com	mail exchanger = 0 smtp.secureserver.net. 
tecmint.com	nameserver = ns06.domaincontrol.com. 
tecmint.com	nameserver = ns3404.com. 
tecmint.com	nameserver = ns3403.com. 
tecmint.com	nameserver = ns05.domaincontrol.com. 

Authoritative answers can be found from:
[[email protected] ~]$ nslookup -type=soa tecmint.com 

Server:		192.168.1.1 
Address:	192.168.1.1#53 

Non-authoritative answer: 
tecmint.com 
	origin = ns3403.hostgator.com 
	mail addr = dnsadmin.gator1702.hostgator.com 
	serial = 2012081102 
	refresh = 86400 
	retry = 7200 
	expire = 3600000 
	minimum = 86400 

Authoritative answers can be found from:

接続するポート番号を変更します

[[email protected] ~]$ nslookup -port 56 tecmint.com

Server:		tecmint.com
Address:	50.16.76.239#53

Name:	56
Address: 14.13.253.12

44.コマンド:掘る

digは、DNSネームサーバーに、ホストアドレス、メール交換、ネームサーバー、および関連情報に関する情報を照会するためのツールです。このツールは、任意のLinux(Unix)またはMacintosh OSXオペレーティングシステムから使用できます。 digの最も一般的な使用法は、単一のホストにクエリを実行することです。

[[email protected] ~]$ dig tecmint.com

; <<>> DiG 9.8.2rc1-RedHat-9.8.2-0.17.rc1.el6 <<>> tecmint.com 
;; global options: +cmd 
;; Got answer: 
;; ->>HEADER<
[[email protected] ~]$ dig tecmint.com +nocomments 

; <<>> DiG 9.8.2rc1-RedHat-9.8.2-0.17.rc1.el6 <<>> tecmint.com +nocomments 
;; global options: +cmd 
;tecmint.com.			IN	A 
tecmint.com.		14400	IN	A	40.216.66.239 
;; Query time: 418 msec 
;; SERVER: 192.168.1.1#53(192.168.1.1) 
;; WHEN: Sat Jun 29 13:53:22 2013 
;; MSG SIZE  rcvd: 45
[[email protected] ~]$ dig tecmint.com +noauthority 

; <<>> DiG 9.8.2rc1-RedHat-9.8.2-0.17.rc1.el6 <<>> tecmint.com +noauthority 
;; global options: +cmd 
;; Got answer: 
;; ->>HEADER<
[[email protected] ~]$ dig  tecmint.com +noadditional 

; <<>> DiG 9.9.2-P1 <<>> tecmint.com +noadditional
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<
[[email protected] ~]$ dig tecmint.com +nostats 

; <<>> DiG 9.8.2rc1-RedHat-9.8.2-0.17.rc1.el6 <<>> tecmint.com +nostats 
;; global options: +cmd 
;; Got answer: 
;; ->>HEADER<
[[email protected] ~]$ dig tecmint.com +noanswer 

; <<>> DiG 9.8.2rc1-RedHat-9.8.2-0.17.rc1.el6 <<>> tecmint.com +noanswer 
;; global options: +cmd 
;; Got answer: 
;; ->>HEADER<
[[email protected] ~]$ dig tecmint.com +noall 

; <<>> DiG 9.8.2rc1-RedHat-9.8.2-0.17.rc1.el6 <<>> tecmint.com +noall 
;; global options: +cmd

45.コマンド:稼働時間

Linuxサーバーマシンに接続したばかりで、異常または悪意のあるものが見つかりました。どうしますか?推測…。いいえ、サーバーが無人のときに実際に何が起こったかを確認するために稼働時間を実行することはできません。

[[email protected] ~]$ uptime

14:37:10 up  4:21,  2 users,  load average: 0.00, 0.00, 0.04

46.コマンド:壁

管理者にとって最も重要なコマンドの1つであるwallは、mesg権限を「yes」に設定してログインしているすべての人にメッセージを送信します。メッセージはwallへの引数として指定することも、wallの標準入力に送信することもできます。

[[email protected] ~]$ wall "we will be going down for maintenance for one hour sharply at 03:30 pm"

Broadcast message from [email protected] (pts/0) (Sat Jun 29 14:44:02 2013): 

we will be going down for maintenance for one hour sharply at 03:30 pm

47.コマンド:mesg

ユーザーが「書き込み」コマンドを使用して、画面上でテキストを送信できるかどうかを制御できます。

mesg [n|y]
n - prevents the message from others popping up on the screen.
y – Allows messages to appear on your screen.

48.コマンド:書き込み

「mesg」が「y」の場合、別のLinuxマシンの画面に直接テキストを送信できます。

[[email protected] ~]$ write ravisaive

49.コマンド:話す

writeコマンドの拡張であるtalkコマンドを使用すると、ログインしているユーザーと会話できます。

[[email protected] ~]$ talk ravisaive

注:talkコマンドがインストールされていない場合は、いつでも必要なパッケージをaptまたはyumできます。

[[email protected] ~]$ yum install talk
OR
[[email protected] ~]$ apt-get install talk

50.コマンド:w

どのコマンド「w」がおかしいと思いますか?しかし、実際にはそうではありません。 1文字の長さであっても、これはコマンドです。コマンド「w」は、稼働時間とwhoコマンドをこの順序で次々に与える組み合わせです。

[[email protected] ~]$ w

15:05:42 up  4:49,  3 users,  load average: 0.02, 0.01, 0.00 
USER     TTY      FROM              [email protected]   IDLE   JCPU   PCPU WHAT 
server   tty7     :0               14:06    4:43m  1:42   0.08s pam: gdm-passwo 
server   pts/0    :0.0             14:18    0.00s  0.23s  1.65s gnome-terminal 
server   pts/1    :0.0             14:47    4:43   0.01s  0.01s bash

51.コマンド:名前の変更

名前が示すように、このコマンドはファイルの名前を変更します。 renameは、ファイル名の最初のオカレンスを置き換えることにより、指定されたファイルの名前を変更します。

Give the file names a1, a2, a3, a4.....1213

コマンドを入力するだけです。

 rename a1 a0 a?
 rename a1 a0 a??

52.コマンド:トップ

CPUのプロセスを表示します。このコマンドは、デフォルトで自動的に更新され、割り込み命令が与えられない限り、CPUプロセスを表示し続けます。

[[email protected] ~]$ top

top - 14:06:45 up 10 days, 20:57,  2 users,  load average: 0.10, 0.16, 0.21
Tasks: 240 total,   1 running, 235 sleeping,   0 stopped,   4 zombie
%Cpu(s):  2.0 us,  0.5 sy,  0.0 ni, 97.5 id,  0.0 wa,  0.0 hi,  0.0 si,  0.0 st
KiB Mem:   2028240 total,  1777848 used,   250392 free,    81804 buffers
KiB Swap:  3905532 total,   156748 used,  3748784 free,   381456 cached

  PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S  %CPU %MEM    TIME+ COMMAND                                                                                                            
23768 ravisaiv  20   0 1428m 571m  41m S   2.3 28.9  14:27.52 firefox                                                                                                            
24182 ravisaiv  20   0  511m 132m  25m S   1.7  6.7   2:45.94 plugin-containe                                                                                                    
26929 ravisaiv  20   0  5344 1432  972 R   0.7  0.1   0:00.07 top                                                                                                                
24875 ravisaiv  20   0  263m  14m  10m S   0.3  0.7   0:02.76 lxterminal                                                                                                         
    1 root      20   0  3896 1928 1228 S   0.0  0.1   0:01.62 init                                                                                                               
    2 root      20   0     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.06 kthreadd                                                                                                           
    3 root      20   0     0    0    0 S   0.0  0.0   0:17.28 ksoftirqd/0                                                                                                        
    5 root       0 -20     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.00 kworker/0:0H                                                                                                       
    7 root       0 -20     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.00 kworker/u:0H                                                                                                       
    8 root      rt   0     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.12 migration/0                                                                                                        
    9 root      20   0     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.00 rcu_bh                                                                                                             
   10 root      20   0     0    0    0 S   0.0  0.0   0:26.94 rcu_sched                                                                                                          
   11 root      rt   0     0    0    0 S   0.0  0.0   0:01.95 watchdog/0                                                                                                         
   12 root      rt   0     0    0    0 S   0.0  0.0   0:02.00 watchdog/1                                                                                                         
   13 root      20   0     0    0    0 S   0.0  0.0   0:17.80 ksoftirqd/1                                                                                                        
   14 root      rt   0     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.12 migration/1                                                                                                        
   16 root       0 -20     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.00 kworker/1:0H                                                                                                       
   17 root       0 -20     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.00 cpuset                                                                                                             
   18 root       0 -20     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.00 khelper                                                                                                            
   19 root      20   0     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.00 kdevtmpfs                                                                                                          
   20 root       0 -20     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.00 netns                                                                                                              
   21 root      20   0     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.04 bdi-default                                                                                                        
   22 root       0 -20     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.00 kintegrityd                                                                                                        
   23 root       0 -20     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.00 kblockd                                                                                                            
   24 root       0 -20     0    0    0 S   0.0  0.0   0:00.00 ata_sff

また読む:12のTOPコマンド例

53.コマンド:mkfs.ext4

このコマンドは、指定されたデバイス上に新しいext4ファイルシステムを作成します。このコマンドの後に間違ったデバイスが続くと、ブロック全体がワイプされてフォーマットされます。したがって、何をしているかを理解するまで、このコマンドを実行しないことをお勧めします。

Mkfs.ext4 /dev/sda1 (sda1 block will be formatted)
mkfs.ext4 /dev/sdb1 (sdb1 block will be formatted)

続きを読む:Ext4とは何ですか?作成および変換する方法

54.コマンド:vi / emacs / nano

vi(ビジュアル)、emacs、nanoは、Linuxで最も一般的に使用されているエディターの一部です。これらは、テキスト、構成、…ファイルを編集するためによく使用されます。 viとnanoを回避するためのクイックガイドは、emacsです。

[[email protected] ~]$ touch a.txt (creates a text file a.txt) 
[[email protected] ~]$ vi a.txt (open a.txt with vi editor)

[「i」を押して挿入モードに入ると、何も入力できなくなります]

echo "Hello"  (your text here for the file)
  1. alt+x (exit insert mode, remember to keep some space between the last letter.
  2. ctrl+x command or your last word will be deleted).
  3. :wq! (saves the file, with the current text, remember ‘!’ is to override).
[[email protected] ~]$ nano a.txt (open a.txt file to be edited with nano)
edit, with the content, required

ctrl + x(エディターを閉じるため)。出力は次のように表示されます。

Save modified buffer (ANSWERING "No" WILL DESTROY CHANGES) ?                    
 Y Yes 
 N No           ^C Cancel

「y」をクリックして「はい」をクリックし、ファイル名を入力すると完了です。

55.コマンド:rsync

Rsyncはファイルをコピーし、プログレスバー用の-Pスイッチを備えています。したがって、rsyncがインストールされている場合は、単純なエイリアスを使用できます。

alias cp='rsync -aP'

次に、ターミナルで大きなファイルをコピーして、プログレスバーのように、残りの項目を含む出力を確認します。

さらに、バックアップの維持と維持は、システム管理者が実行する必要のある最も重要で退屈な作業の1つです。 Rsyncは、ターミナルでバックアップを作成および維持するための非常に優れたツールです(他にもいくつかあります)。

[[email protected] ~]$ rsync -zvr IMG_5267\ copy\=33\ copy\=ok.jpg ~/Desktop/ 

sending incremental file list 
IMG_5267 copy=33 copy=ok.jpg 

sent 2883830 bytes  received 31 bytes  5767722.00 bytes/sec 
total size is 2882771  speedup is 1.00

注:-zは圧縮、-vは詳細、-rは再帰です。

56.コマンド:無料

管理者が実行する他のタスクと同様に、メモリとリソースを追跡することは非常に重要であり、「free」コマンドがここで役立ちます。

[[email protected] ~]$ free

             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:       2028240    1788272     239968          0      69468     363716
-/+ buffers/cache:    1355088     673152
Swap:      3905532     157076    3748456
[[email protected] ~]$ free -b

             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:    2076917760 1838272512  238645248          0   71348224  372670464
-/+ buffers/cache: 1394253824  682663936
Swap:   3999264768  160845824 3838418944
[[email protected] ~]$ free -k

             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:       2028240    1801484     226756          0      69948     363704
-/+ buffers/cache:    1367832     660408
Swap:      3905532     157076    3748456
[[email protected] ~]$ free -m

             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:          1980       1762        218          0         68        355
-/+ buffers/cache:       1338        641
Swap:         3813        153       3660
[[email protected] ~]$ free -g

             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:             1          1          0          0          0          0
-/+ buffers/cache:          1          0
Swap:            3          0          3
[[email protected] ~]$ free -h

             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:          1.9G       1.7G       208M         0B        68M       355M
-/+ buffers/cache:       1.3G       632M
Swap:         3.7G       153M       3.6G
[[email protected] ~]$ free -s 3

             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:       2028240    1824096     204144          0      70708     364180
-/+ buffers/cache:    1389208     639032
Swap:      3905532     157076    3748456

             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:       2028240    1824192     204048          0      70716     364212
-/+ buffers/cache:    1389264     638976
Swap:      3905532     157076    3748456

57.コマンド:mysqldump

これまでは、このコマンドの名前から、このコマンドが実際に何を表しているのかを理解していたはずです。mysqldumpコマンドは、すべてまたは特定のデータベースデータを特定のファイルにダンプ(バックアップ)します。たとえば、

[[email protected] ~]$ mysqldump -u root -p --all-databases > /home/server/Desktop/backupfile.sql

注:mysqldumpでは、mysqlが実行されており、認証のためにパスワードが正しい必要があります。 mysqldumpコマンドを使用したデータベースバックアップでのいくつかの便利な「mysqldump」コマンドについて説明しました。

58.コマンド:mkpasswd

指定された長さの、推測しにくいランダムなパスワードを作成します。

[[email protected] ~]$ mkpasswd -l 10

zI4+Ybqfx9
[[email protected] ~]$ mkpasswd -l 20 

w0Pr7aqKk&hmbmqdrlmk

注:-l 10は10文字のランダムパスワードを生成しますが、-l 20は文字20のパスワードを生成します。これは、任意の値に設定して目的の結果を得ることができます。このコマンドは非常に便利で、ランダムなパスワードを生成するためにスクリプト言語で実装されることがよくあります。このコマンドを使用するには、「expect」パッケージをyumまたはaptする必要がある場合があります。

[[email protected] ~]# yum install expect 
OR
[[email protected] ~]# apt-get install expect

59.コマンド:貼り付け

を使用して、2つ以上のテキストファイルを行にマージします。例。 file1の内容が次の場合:

1 
2 
3 

and file2 was: 

a 
b 
c 
d 
the resulting file3 would be: 

1    a 
2    b 
3    c 
     d

60.コマンド:lsof

lsofは「開いているファイルのリスト」の略で、システムが現在開いているすべてのファイルを表示します。どのプロセスが特定のファイルを使用しているかを把握したり、単一のプロセスのすべてのファイルを表示したりすると非常に便利です。いくつかの便利な10lsofコマンドの例、あなたは読むことに興味があるかもしれません。

[[email protected] ~]$ lsof 

COMMAND     PID   TID            USER   FD      TYPE     DEVICE SIZE/OFF       NODE NAME
init          1                  root  cwd       DIR        8,1     4096          2 /
init          1                  root  rtd       DIR        8,1     4096          2 /
init          1                  root  txt       REG        8,1   227432     395571 /sbin/init
init          1                  root  mem       REG        8,1    47080     263023 /lib/i386-linux-gnu/libnss_files-2.17.so
init          1                  root  mem       REG        8,1    42672     270178 /lib/i386-linux-gnu/libnss_nis-2.17.so
init          1                  root  mem       REG        8,1    87940     270187 /lib/i386-linux-gnu/libnsl-2.17.so
init          1                  root  mem       REG        8,1    30560     263021 /lib/i386-linux-gnu/libnss_compat-2.17.so
init          1                  root  mem       REG        8,1   124637     270176 /lib/i386-linux-gnu/libpthread-2.17.so
init          1                  root  mem       REG        8,1  1770984     266166 /lib/i386-linux-gnu/libc-2.17.so
init          1                  root  mem       REG        8,1    30696     262824 /lib/i386-linux-gnu/librt-2.17.so
init          1                  root  mem       REG        8,1    34392     262867 /lib/i386-linux-gnu/libjson.so.0.1.0
init          1                  root  mem       REG        8,1   296792     262889 /lib/i386-linux-gnu/libdbus-1.so.3.7.2
init          1                  root  mem       REG        8,1    34168     262840 /lib/i386-linux-gnu/libnih-dbus.so.1.0.0
init          1                  root  mem       REG        8,1    95616     262848 /lib/i386-linux-gnu/libnih.so.1.0.0
init          1                  root  mem       REG        8,1   134376     270186 /lib/i386-linux-gnu/ld-2.17.so
init          1                  root    0u      CHR        1,3      0t0       1035 /dev/null
init          1                  root    1u      CHR        1,3      0t0       1035 /dev/null
init          1                  root    2u      CHR        1,3      0t0       1035 /dev/null
init          1                  root    3r     FIFO        0,8      0t0       1714 pipe
init          1                  root    4w     FIFO        0,8      0t0       1714 pipe
init          1                  root    5r     0000        0,9        0       6245 anon_inode
init          1                  root    6r     0000        0,9        0       6245 anon_inode
init          1                  root    7u     unix 0xf5e91f80      0t0       8192 @/com/ubuntu/upstart
init          1                  root    8w      REG        8,1     3916        394 /var/log/upstart/teamviewerd.log.1 (deleted)

これで終わりではありません。システム管理者は、作業に役立つこのような優れたインターフェイスを提供するために、多くのことを行います。システム管理は、実際には非常に完璧な方法で学習および実装する技術です。 Linuxの専門家が学ばなければならない他のすべての必要なものを手に入れようとします。Linuxは基本的にそれ自体が学習と学習のプロセスです。あなたの良い言葉は常に求められており、それは私たちがあなたに知識のある記事を与えるためにもっと努力することを奨励します。 「私たちのように共有し、私たちが広がるのを助けてください」。