Linuxに最新のVirtualBox 6.0をインストールする方法


VirtualBox はオープンソースのクロスプラットフォーム仮想化ソフトウェアです。任意のオペレーティングシステムにインストールでき、同じコンピュータに複数のゲストオペレーティングシステムをインストールして実行することができます。

たとえば、Linuxシステムにインストールした場合、その下にある[ Windows XP ]オペレーティングシステムをゲストOS として実行することも、 Linux OS を実行することもできます。あなたのWindowsシステムなどで。このように、あなたは好きなだけ多くのゲストOSをインストールして実行することができます、唯一の制限はディスクスペースとメモリです。

最近ある[ Oracle は、 Virtualbox 6.0.0 の最新の安定版をリリースした、Virtual boxの最新版はそれに追加された非常に多くの大きな変更と新機能が付属しています。

Virtualbox 6.0の新機能

  • Added support for exporting a virtual machine to Oracle Cloud Infrastructure.
  • A much improved HiDPI and scaling support, along with superior detection and per-machine configuration.
  • A Major rework of user interface with smooth and easy setup of virtual machines.
  • A new file manager allows user to manage the guest file system and copy files between host and guest.
  • A major update of 3D graphics device emulation on Linux guests.
  • vboximg-mount utility for hosts enables users to access the content of guest disks on the host.
  • Added support for using Hyper-V on Windows host.

あなたは彼らのオフィシャルチェンジログページで VirtualBox 6.0 に関する完全な新しい変更ログの詳細を見ることができます。

このガイドでは、 VirtualBox 6.0 をインストールする方法について説明します。

このガイドでは、 VirtualBox 6.0 をインストールする方法も説明しています。

RHEL / CentOSおよびFedoraへのVirtualBox 6.0のインストール

以前のバージョンの Virtualbox がインストールされている場合は、それを削除してから最新バージョンをインストールしてください。

# yum remove VirtualBox*
# dnf remove VirtualBox*  [On Fedora 22+]

次に、次のシステムに最新の VirtualBox 6.0 をインストールするための VirtualBox 独自のリポジトリを追加します。

# cd /etc/yum.repos.d/
# wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/rpm/rhel/virtualbox.repo
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# rpm -Uvh epel-release-5-4.noarch.rpm
# cd /etc/yum.repos.d/
# wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/rpm/fedora/virtualbox.repo

VirtualBoxは vboxdrv カーネルモジュールを使用して、ゲストオペレーティングシステムの実行用に物理メモリを制御および割り当てます。このモジュールがなくても、 VirtualBox を使用して仮想マシンを作成および設定できますが、機能しません。

そのため、 VirtualBox を完全に機能させるには、まずシステムをアップデートしてから、 DKMS カーネルヘッダー、<などの追加モジュールをインストールする必要があります。 strong> kernel-devel といくつかの依存パッケージ。

# yum update
# yum install binutils qt gcc make patch libgomp glibc-headers glibc-devel kernel-headers kernel-devel dkms

必要な依存関係パッケージをすべてインストールしたら、次のコマンドを使用して最新の VirtualBox をインストールできます。

# yum install VirtualBox-6.0

以下のコマンドは自動的に vboxusers group user を作成し、必要なカーネルモジュールを検索して自動的に再構築します。

------------- Fedora 22+ and CentOS/RHEL 7 ------------- 
/usr/lib/virtualbox/vboxdrv.sh setup
 
------------- Fedora 18-16 and CentOS/RHEL 6/5 ------------- 
/etc/init.d/vboxdrv setup
## OR ##
service vboxdrv setup

上記のビルドプロセスが失敗すると、以下のような警告メッセージが表示されます。

vboxdrv.sh: Stopping VirtualBox services.
vboxdrv.sh: Starting VirtualBox services.
vboxdrv.sh: Building VirtualBox kernel modules.
This system is currently not set up to build kernel modules.
Please install the Linux kernel "header" files matching the current kernel
for adding new hardware support to the system.
The distribution packages containing the headers are probably:
    kernel-devel kernel-devel-4.19.0-1.el7.elrepo.x86_64

それからあなたは最初にあなたのインストールされたカーネルをチェックし、そして次のコマンドを使って必要なkernel-develをインストールする必要があります。

# uname -r
# yum install kernel-devel-CURRENT_KERNEL

もう一度ビルドセットアップを実行します。

# /usr/lib/virtualbox/vboxdrv.sh setup

次に、次のコマンドのuser_nameを自分のユーザー名に置き換えます。

# usermod -a -G vboxusers user_name

KERN_DIR のようなエラーメッセージが表示される場合、またはカーネルソースディレクトリがビルドプロセスによって自動的に検出されない場合は、次のコマンドを使用して設定できます。赤い色で表示されているように、システムに合わせてカーネルのバージョンを変更してください。

## RHEL / CentOS / Fedora ##
KERN_DIR=/usr/src/kernels/4.19.0-1.el7.elrepo.x86_64

## Export KERN_DIR ##
export KERN_DIR

Debian、Ubuntu、およびLinux MintへのVirtualBox 6.0のインストール

まず、以前のバージョンの Virtualbox がある場合はそれをアンインストールします。

$ sudo apt-get remove virtualbox-*

次に、公式の Virtualbox リポジトリを使用して最新の VirtualBox 6.0 バージョンをインストールします。リポジトリを追加するには、以下のコマンドを使用してください。

$ sudo sh -c 'echo "deb http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian $(lsb_release -cs) contrib" >> /etc/apt/sources.list.d/virtualbox.list'
$ wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox.asc -O- | sudo apt-key add -
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install virtualbox-6.0

VirtualBox 6.0を起動する

以下のコマンドを実行して端末から起動するか、メニューのランチャーを使用して起動してください。

# VirtualBox

VirtualBox Extension Packのインストール

VirtualBox RDP PXE E1000搭載ROM サポート、 USB 2.0ホストコントローラーなどの追加機能が必要な場合次の wget コマンドを使用してVirtualBox Extension Packをダウンロードしてインストールする必要があります。

# # wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/6.0.0/Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-6.0.0.vbox-extpack

エクステンションパックをインストールするには、以下のように vbox-extpack をダウンロードしたら Virtualbox 6.0 をインストールしておく必要があります。

うまくいかない場合は、 Virtaulbox - &gt;を開きます。 設定 - &gt; 拡張機能をクリックし、 vbox-extpack を参照してインストールします。

VirtualBoxのアップデート

将来、 VirtualBox を最新バージョンに更新したい場合は、次のコマンドを実行して更新できます。

# yum update VirtualBox-6.0
# apt-get install VirtualBox-6.0

VirtualBoxを削除します。

万が一 VirtualBox を完全に削除する場合は、次のコマンドを使用してシステムから完全に削除してください。

# cd /etc/yum.repos.d/
# rm -rf virtualbox.repo
# yum remove VirtualBox-6.0
# apt-get remove VirtualBox-6.0

他の Linux Windows Mac OS X プラットフォーム用のVirtualBox 6.0もダウンロードできます。