WindowsからNixまたは初心者からLinuxへの切り替え-Linux初心者のための20の便利なコマンド


では、WindowsからLinuxに切り替えることを計画していますか、それともLinuxに切り替えたばかりですか?おっと!!!私が求めていること!他にどんな理由であなたはここにいたでしょう。 Nuxを初めて使用したときの過去の経験から、コマンドとターミナルは本当に怖かったので、Linuxで完全に機能するために、コマンドをどの程度覚えて覚えなければならないかについて心配していました。オンラインのドキュメント、本、マニュアルページ、ユーザーコミュニティが私を大いに助けてくれたことは間違いありませんが、コマンドの詳細がわかりやすく習得しやすい言語の記事があるはずだと強く信じていました。使用する。私のこの記事はそれに向けた一歩です。

1.コマンド:ls

コマンド「ls」は(ディレクトリの内容の一覧表示)を表し、実行元のファイルまたはフォルダを問わず、フォルダの内容を一覧表示します。

[email protected]:~# ls

Android-Games                     Music
Pictures                          Public
Desktop                           Tecmint.com
Documents                         TecMint-Sync
Downloads                         Templates

コマンド「ls-l」は、フォルダの内容を長いリスト形式でリストします。

[email protected]:~# ls -l

total 40588
drwxrwxr-x 2 ravisaive ravisaive     4096 May  8 01:06 Android Games
drwxr-xr-x 2 ravisaive ravisaive     4096 May 15 10:50 Desktop
drwxr-xr-x 2 ravisaive ravisaive     4096 May 16 16:45 Documents
drwxr-xr-x 6 ravisaive ravisaive     4096 May 16 14:34 Downloads
drwxr-xr-x 2 ravisaive ravisaive     4096 Apr 30 20:50 Music
drwxr-xr-x 2 ravisaive ravisaive     4096 May  9 17:54 Pictures
drwxrwxr-x 5 ravisaive ravisaive     4096 May  3 18:44 Tecmint.com
drwxr-xr-x 2 ravisaive ravisaive     4096 Apr 30 20:50 Templates

コマンド「ls-a」は、「。」で始まる隠しファイルを含む、フォルダの内容を一覧表示します。

[email protected]:~# ls -a

.			.gnupg			.dbus			.goutputstream-PI5VVW		.mission-control
.adobe                  deja-dup                .grsync                 .mozilla                 	.themes
.gstreamer-0.10         .mtpaint                .thumbnails             .gtk-bookmarks          	.thunderbird
.HotShots               .mysql_history          .htaccess		.apport-ignore.xml      	.ICEauthority           
.profile                .bash_history           .icons                  .bash_logout                    .fbmessenger
.jedit                  .pulse                  .bashrc                 .liferea_1.8             	.pulse-cookie            
.Xauthority		.gconf                  .local                  .Xauthority.HGHVWW		.cache
.gftp                   .macromedia             .remmina                .cinnamon                       .gimp-2.8
.ssh                    .xsession-errors 	.compiz                 .gnome                          teamviewer_linux.deb          
.xsession-errors.old	.config                 .gnome2                 .zoncolor

注:Linuxでは、「。」で始まるファイル名は非表示になっています。 Linuxでは、すべてのファイル/フォルダー/デバイス/コマンドはファイルです。 ls-lの出力は次のとおりです。

  1. d (stands for directory).
  2. rwxr-xr-x is the file permission of the file/folder for owner, group and world.
  3. The 1st ravisaive in the above example means that file is owned by user ravisaive.
  4. The 2nd ravisaive in the above example means file belongs to user group ravisaive.
  5. 4096 means file size is 4096 Bytes.
  6. May 8 01:06 is the date and time of last modification.
  7. And at the end is the name of the File/Folder.

その他の「ls」コマンドの例については、Linuxでの15の「ls」コマンドの例を参照してください。

2.コマンド:lsblk

「lsblk」は(List Block Devices)の略で、ツリーのように標準出力に割り当てられた名前(RAMではない)でブロックデバイスを印刷します。

[email protected]:~# lsblk

NAME   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda      8:0    0 232.9G  0 disk 
├─sda1   8:1    0  46.6G  0 part /
├─sda2   8:2    0     1K  0 part 
├─sda5   8:5    0   190M  0 part /boot
├─sda6   8:6    0   3.7G  0 part [SWAP]
├─sda7   8:7    0  93.1G  0 part /data
└─sda8   8:8    0  89.2G  0 part /personal
sr0     11:0    1  1024M  0 rom

「lsblk-l」コマンドリストは、「リスト」構造のデバイスをブロックします(ツリーのような方法ではありません)。

[email protected]:~# lsblk -l

NAME MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda    8:0    0 232.9G  0 disk 
sda1   8:1    0  46.6G  0 part /
sda2   8:2    0     1K  0 part 
sda5   8:5    0   190M  0 part /boot
sda6   8:6    0   3.7G  0 part [SWAP]
sda7   8:7    0  93.1G  0 part /data
sda8   8:8    0  89.2G  0 part /personal
sr0   11:0    1  1024M  0 rom

注:lsblkは、特にターミナルでディスク/ブロックを処理する必要がある場合に、接続したばかりの新しいUSBデバイスの名前を知るための非常に便利で簡単な方法です。

3.コマンド:md5sum

「md5sum」は(Compute and Check MD5 Message Digest)の略で、md5チェックサム(一般にハッシュと呼ばれます)は、ファイル転送の失敗、ディスクエラー、または悪意のある干渉。

[email protected]:~# md5sum teamviewer_linux.deb 

47790ed345a7b7970fc1f2ac50c97002  teamviewer_linux.deb

注:ユーザーは、生成されたmd5sumを公式に提供されたものと一致させることができます。 Md5sumは、後で説明するsha1sumよりも安全性が低いと見なされます。

4.コマンド:dd

コマンド「dd」は(ファイルの変換とコピー)の略で、ファイルの変換とコピーに使用でき、ほとんどの場合、ISOファイル(またはその他のファイル)をUSBデバイス(またはその他の場所)にコピーするために使用されます。 )、したがって、「ブート可能」USBスティックを作成するために使用できます。

[email protected]:~# dd if=/home/user/Downloads/debian.iso of=/dev/sdb1 bs=512M; sync

注:上記の例では、usbデバイスはsdb1であると想定されています(コマンドlsblkを使用して確認する必要があります。そうしないと、ディスクとOSが上書きされます)。ディスクの名前は慎重に使用してください!!!。

ddコマンドは、ファイルのサイズと種類、およびUSBスティックの読み取りと書き込みの速度に応じて、実行に数秒から数分の範囲で時間がかかります。

5.コマンド:uname

「uname」コマンドは(Unix Name)の略で、マシン名、オペレーティングシステム、カーネルに関する詳細情報を出力します。

[email protected]:~# uname -a

Linux tecmint 3.8.0-19-generic #30-Ubuntu SMP Wed May 1 16:36:13 UTC 2013 i686 i686 i686 GNU/Linux

注:unameはカーネルのタイプを示します。 uname-a出力の詳細情報。上記のuname-aの出力を詳しく説明します。

  1. Linux“: The machine’s kernel name.
  2. tecmint“: The machine’s node name.
  3. 3.8.0-19-generic“: The kernel release.
  4. #30-Ubuntu SMP“: The kernel version.
  5. i686“: The architecture of the processor.
  6. GNU/Linux“: The operating system name.

6.コマンド:履歴

「history」コマンドはHistory(Event)Recordの略で、ターミナルで実行されたコマンドの長いリストの履歴を出力します。

[email protected]:~# history

 1  sudo add-apt-repository ppa:tualatrix/ppa
 2  sudo apt-get update
 3  sudo apt-get install ubuntu-tweak
 4  sudo add-apt-repository ppa:diesch/testing
 5  sudo apt-get update
 6  sudo apt-get install indicator-privacy
 7  sudo add-apt-repository ppa:atareao/atareao
 8  sudo apt-get update
 9  sudo apt-get install my-weather-indicator
 10 pwd
 11 cd && sudo cp -r unity/6 /usr/share/unity/
 12 cd /usr/share/unity/icons/
 13 cd /usr/share/unity

注:「Ctrl + R」を押してから、すでに実行されているコマンドを検索します。これにより、コマンドをオートコンプリート機能で完了することができます。

(reverse-i-search)`if': ifconfig

7.コマンド:sudo

「sudo」(スーパーユーザーdo)コマンドを使用すると、許可されたユーザーは、sudoersリストのセキュリティポリシーで指定されているように、スーパーユーザーまたは別のユーザーとしてコマンドを実行できます。

[email protected]:~# sudo add-apt-repository ppa:tualatrix/ppa

sudoまたはsuを日常の通常の使用に使用することはお勧めしません。誤って何か間違ったことをした場合に重大なエラーが発生する可能性があるため、Linuxコミュニティで非常に人気のある発言は次のとおりです。

“To err is human, but to really foul up everything, you need root password.”

8.コマンド:mkdir

「mkdir」(ディレクトリの作成)コマンドは、pathという名前の新しいディレクトリを作成します。ただし、ディレクトリはすでに存在しますが、「フォルダを作成できません。フォルダはすでに存在します」というエラーメッセージが返されます。

[email protected]:~# mkdir tecmint

(上記の出力のファイルと混同しないでください。最初に言ったことを覚えているかもしれません。Linuxでは、すべてのファイル、フォルダー、ドライブ、コマンド、スクリプトがファイルとして扱われます)。

9.コマンド:タッチ

「touch」コマンドは(各ファイルのアクセス時間と変更時間を現在の時間に更新する)の略です。 touchコマンドは、ファイルが存在しない場合にのみファイルを作成します。ファイルがすでに存在する場合は、ファイルの内容ではなくタイムスタンプが更新されます。

[email protected]:~# touch tecmintfile

注:touchを使用して、ユーザーが書き込み権限を持っているディレクトリの下にファイルを作成できます。ただし、ファイルがそこに存在しない場合に限ります。

10.コマンド:chmod

Linuxの「chmod」コマンドは(ファイルモードビットの変更)の略です。 chmodは、要求されたモードに応じて、指定された各ファイル、フォルダー、スクリプトなどのファイルモード(許可)を変更します。

ファイルには3種類のアクセス許可があります(フォルダーなど、簡単にするためにファイルを使用します)。

Read (r)=4
Write(w)=2
Execute(x)=1

したがって、ファイルに対して読み取り権限のみを付与する場合は、値「4」が割り当てられ、書き込み権限のみの場合は値「2」が割り当てられ、実行権限のみの場合は値「1」が割り当てられます。 。読み取りと書き込みの許可については、4 + 2 u003d ‘6’が与えられ、ansなどが与えられます。

ここで、3種類のユーザーとユーザーグループに権限を設定する必要があります。最初は所有者、次にユーザーグループ、最後に世界です。

rwxr-x--x   abc.sh

世界の場合は–x(実行のみ)です。

その許可を変更し、所有者、グループ、および世界に読み取り、書き込み、および実行の許可を与えること。

[email protected]:~# chmod 777 abc.sh

3つすべてに対する読み取りおよび書き込み権限のみ。

[email protected]:~# chmod 666 abc.sh

所有者に対して読み取り、書き込み、実行し、グループとワールドに対してのみ実行します。

[email protected]:~# chmod 711 abc.sh

注:sysadminとユーザーの両方に役立つ最も重要なコマンドの1つ。マルチユーザー環境またはサーバーでは、このコマンドが役に立ちます。間違ったアクセス許可を設定すると、ファイルにアクセスできなくなるか、誰かに不正アクセスが提供されます。

11.コマンド:chown

Linuxの「chown」コマンドは(ファイルの所有者とグループの変更)の略です。すべてのファイルは、ユーザーと所有者のグループに属しています。これは、ディレクトリに「ls -l」を実行するために使用され、次のように表示されます。

[email protected]:~# ls -l 

drwxr-xr-x 3 server root 4096 May 10 11:14 Binary 
drwxr-xr-x 2 server server 4096 May 13 09:42 Desktop

ここで、ディレクトリBinaryはユーザー「server」が所有し、ユーザーグループ「root」に属しています。一方、ディレクトリ「Desktop」はユーザー「server」が所有し、ユーザーグループ「server」に属しています。

この「chown」コマンドは、ファイルの所有権を変更するために使用されるため、ファイルを管理し、許可されたユーザーとユーザーグループにのみ提供する場合に役立ちます。

[email protected]:~# chown server:server Binary

drwxr-xr-x 3 server server 4096 May 10 11:14 Binary 
drwxr-xr-x 2 server server 4096 May 13 09:42 Desktop

注:「chown」は、指定された各FILEのユーザーとグループの所有権をNEW-OWNERまたは既存の参照ファイルのユーザーとグループに変更します。

12.コマンド:apt

Debianベースの「apt」コマンドは(Advanced Package Tool)の略です。 Aptは、Debianベースのシステム(Ubuntu、Kubuntuなど)の高度なパッケージマネージャーであり、コマンドラインからGnu/Linuxシステムへのパッケージの依存関係を自動的かつインテリジェントに検索、インストール、更新、解決します。

[email protected]:~# apt-get install mplayer

Reading package lists... Done
Building dependency tree       
Reading state information... Done
The following package was automatically installed and is no longer required:
  java-wrappers
Use 'apt-get autoremove' to remove it.
The following extra packages will be installed:
  esound-common libaudiofile1 libesd0 libopenal-data libopenal1 libsvga1 libvdpau1 libxvidcore4
Suggested packages:
  pulseaudio-esound-compat libroar-compat2 nvidia-vdpau-driver vdpau-driver mplayer-doc netselect fping
The following NEW packages will be installed:
  esound-common libaudiofile1 libesd0 libopenal-data libopenal1 libsvga1 libvdpau1 libxvidcore4 mplayer
0 upgraded, 9 newly installed, 0 to remove and 8 not upgraded.
Need to get 3,567 kB of archives.
After this operation, 7,772 kB of additional disk space will be used.
Do you want to continue [Y/n]? y
[email protected]:~# apt-get update

Hit http://ppa.launchpad.net raring Release.gpg                                           
Hit http://ppa.launchpad.net raring Release.gpg                                           
Hit http://ppa.launchpad.net raring Release.gpg                      
Hit http://ppa.launchpad.net raring Release.gpg                      
Get:1 http://security.ubuntu.com raring-security Release.gpg [933 B] 
Hit http://in.archive.ubuntu.com raring Release.gpg                                                   
Hit http://ppa.launchpad.net raring Release.gpg                      
Get:2 http://security.ubuntu.com raring-security Release [40.8 kB]   
Ign http://ppa.launchpad.net raring Release.gpg                                                  
Get:3 http://in.archive.ubuntu.com raring-updates Release.gpg [933 B]                            
Hit http://ppa.launchpad.net raring Release.gpg                                                                
Hit http://in.archive.ubuntu.com raring-backports Release.gpg

注:上記のコマンドはシステム全体の変更につながるため、rootパスワードが必要です(プロンプトとして「$」ではなく「#」を確認してください)。 Aptは、yumコマンドと比較してより高度でインテリジェントであると見なされます。

名前が示すように、apt-cacheはサブパッケージmpalyerを含むパッケージを検索します。 apt-get installを実行し、すでにインストールされているすべてのパッケージを最新のものに更新します。

25 APT-GETおよびAPT-CACHEコマンドでapt-getおよびapt-cacheコマンドの詳細を読む

13.コマンド:tar

「tar」コマンドはテープアーカイブであり、さまざまなファイル形式でのアーカイブの作成とその抽出に役立ちます。

[email protected]:~# tar -zxvf abc.tar.gz (Remember 'z' for .tar.gz)
[email protected]:~# tar -jxvf abc.tar.bz2 (Remember 'j' for .tar.bz2)
[email protected]:~# tar -cvf archieve.tar.gz(.bz2) /path/to/folder/abc

注:「tar.gz」はgzip圧縮されていることを意味します。 「tar.bz2」はbzipで圧縮されます。これは、より優れた、しかしより遅い圧縮方法を使用します。

18のtarコマンドの例で「tarコマンド」の例の詳細を読む

14.コマンド:cal

「cal」(カレンダー)は、現在の月、または進行中または経過中の任意の年の他の月のカレンダーを表示するために使用されます。

[email protected]:~# cal 

May 2013        
Su Mo Tu We Th Fr Sa  
          1  2  3  4  
 5  6  7  8  9 10 11  
12 13 14 15 16 17 18  
19 20 21 22 23 24 25  
26 27 28 29 30 31

すでに過ぎた2月の1835年のカレンダーを表示します。

[email protected]:~# cal 02 1835

   February 1835      
Su Mo Tu We Th Fr Sa  
 1  2  3  4  5  6  7  
 8  9 10 11 12 13 14  
15 16 17 18 19 20 21  
22 23 24 25 26 27 28

進む7月の2145年のカレンダーを表示します

[email protected]:~# cal 07 2145

     July 2145        
Su Mo Tu We Th Fr Sa  
             1  2  3  
 4  5  6  7  8  9 10  
11 12 13 14 15 16 17  
18 19 20 21 22 23 24  
25 26 27 28 29 30 31

注:50年のカレンダーを元に戻す必要はありません。また、着用した日を知るために複雑な数学的計算を行う必要も、次の誕生日がどの日に当たるかを知る必要もありません。

15.コマンド:日付

「date」(日付)コマンドは、現在の日付と時刻を標準出力に出力し、さらに設定することができます。

[email protected]:~# date

Fri May 17 14:13:29 IST 2013
[email protected]:~# date --set='14 may 2013 13:57' 

Mon May 13 13:57:00 IST 2013

注:このコマンドは非常に便利です。スクリプト、日時ベースのスクリプトで完全に使用でき、より完璧になります。さらに、端末を使用して日付と時刻を変更すると、GEEKを感じることができます!!!。 (これはシステム全体の変更であるため、この操作を実行するには明らかにrootである必要があります)。

16.コマンド:cat

「猫」は(連結)の略です。 2つ以上のプレーンファイルを連結(結合)したり、ファイルの内容を標準出力に出力したりします。

[email protected]:~# cat a.txt b.txt c.txt d.txt >> abcd.txt
[email protected]:~# cat abcd.txt
....
contents of file abcd 
...

注:「>>」と「>」は追加記号と呼ばれます。これらは、標準出力ではなく、ファイルに出力を追加するために使用されます。 「>」記号は、既存のファイルを削除して新しいファイルを作成するため、セキュリティ上の理由から、ファイルを上書きまたは削除せずに出力を書き込む「>>」を使用することをお勧めします。

先に進む前に、ワイルドカードについてお知らせする必要があります(ほとんどのテレビ番組では、ワイルドカードの入力に注意してください)。ワイルドカードは、コマンドラインをどのGUIファイルマネージャーよりもはるかに強力にするシェル機能です。グラフィカルファイルマネージャで大きなファイルグループを選択する場合は、通常、マウスでそれらを選択する必要があります。これは単純に見えるかもしれませんが、場合によっては非常にイライラすることがあります。

たとえば、あらゆる種類のファイルとサブディレクトリが大量にあるディレクトリがあり、名前の途中に「Linux」という単語が含まれるすべてのHTMLファイルをその大きなディレクトリからに移動するとします。別のディレクトリ。これを行う簡単な方法は何ですか?ディレクトリに異なる名前のHTMLファイルが大量に含まれている場合、タスクは単純ではありません。

Linux CLIでは、そのタスクは1つのHTMLファイルのみを移動するのと同じくらい簡単に実行でき、シェルのワイルドカードがあるため非常に簡単です。これらは、特定の文字パターンに一致するファイル名を選択できる特殊文字です。これにより、数文字を入力するだけで大きなファイルグループを選択できます。ほとんどの場合、マウスでファイルを選択するよりも簡単です。

最も一般的に使用されるワイルドカードのリストは次のとおりです。

Wildcard			Matches
   *			zero or more characters
   ?			exactly one character
[abcde]			exactly one character listed
 [a-e]			exactly one character in the given range
[!abcde]		any character that is not listed
 [!a-e]			any character that is not in the given range
{debian,linux}		exactly one entire word in the options given

!は記号ではないと呼ばれ、「!」が付いた文字列の逆が真です。

Linuxの13Catコマンドの例でLinuxの「catコマンド」の例をもっと読む

17.コマンド:cp

「コピー」は(コピー)の略で、ファイルをある場所から別の場所にコピーします。

[email protected]:~# cp /home/user/Downloads abc.tar.gz /home/user/Desktop (Return 0 when sucess)

注:cpはシェルスクリプトで最も一般的に使用されるコマンドの1つであり、カスタマイズされた目的のファイルコピーのために、ワイルドカード文字(上記のブロックで説明)とともに使用できます。

18.コマンド:mv

「mv」コマンドは、ファイルをある場所から別の場所に移動します。

[email protected]:~# mv /home/user/Downloads abc.tar.gz /home/user/Desktop (Return 0 when sucess)

注:mvコマンドはワイルドカード文字で使用できます。 mvは注意して使用する必要があります。システム/不正なファイルを移動すると、セキュリティだけでなくシステムの故障にもつながる可能性があるためです。

19.コマンド:pwd

コマンド「pwd」(作業ディレクトリの印刷)は、ターミナルからのフルパス名で現在の作業ディレクトリを印刷します。

[email protected]:~# pwd 

/home/user/Desktop

注:このコマンドはスクリプトではあまり使用されませんが、nuxとの初期の接続でターミナルで迷子になった初心者にとっては絶対的な命の恩人です。 (Linuxは最も一般的にnuxまたはnixと呼ばれます)。

20.コマンド:cd

最後に、頻繁に使用される「cd」コマンドは(change directory)の略で、端末自体から実行、コピー、移動、書き込み、読み取りなどを行うために作業ディレクトリを変更します。

[email protected]:~# cd /home/user/Desktop
[email protected]:~$ pwd

/home/user/Desktop

注:端末からディレクトリを切り替えるときに、cdが役に立ちます。 「cd〜」は、作業ディレクトリをユーザーのホームディレクトリに変更します。これは、ユーザーがターミナルで迷子になった場合に非常に役立ちます。 「cd ..」は、作業ディレクトリを(現在の作業ディレクトリの)親ディレクトリに変更します。

これらのコマンドは確かにLinuxに慣れることができます。しかし、それで終わりではありません。間もなく、「中級レベルのユーザー」、つまりあなたに役立つ他のコマンドが登場します。これらのコマンドに慣れている場合は、叫ばないでください。初心者から中級レベルのユーザーへのユーザーレベルでの昇進に気付くでしょう。次の記事では、「Kill」、「Ps」、「grep」、…などのコマンドを考え出します。記事を待ってください。あなたの興味を損なうことはしたくありません。