XCacheをインストールしてPHPのパフォーマンスを加速および最適化する


ほとんどの場合、PHPのパフォーマンスはWebサイトのパフォーマンスを低下させる可能性があります。 Webサイトのパフォーマンスを最適化および加速するには、PHPのパフォーマンスを向上させる必要があります。この目的のために、eAccelerator、APC、Memcached、XCacheなどのオペコードキャッシャーを使用できます。個人的には、私のお気に入りの選択肢はXCacheです。

XCacheは、無料のオープンソースオペコードキャッシャーであり、サーバー上でのPHPスクリプト実行のパフォーマンスを向上させるように設計されています。コンパイルされたバージョンのコードをメモリにキャッシュすることでPHPコードのコンパイル時間をなくし、コンパイルされたバージョンがPHPスクリプトをメモリから直接ロードすることで、パフォーマンスを最適化します。これにより、ページ生成時間が最大5倍速くなり、phpスクリプトの他の多くの側面が最適化および増加し、Webサイト/サーバーの負荷が軽減されます。

5倍速くはないかもしれませんが、オペコードXCaherを使用した標準のPHPインストールが確実に改善されます。この記事では、XCacheをセットアップしてRHEL、CentOS、Fedora、Ubuntu、Linux Mint、DebianシステムのPHPインストールに統合する方法について説明します。

ステップ1:PHP用のXCacheのインストール

Red Hatベースのディストリビューションを実行しているユーザーは、epelリポジトリーを有効にすることで、パッケージマネージャーを介してXCacheをインストールできます。 epelリポジトリを有効にしたら、次のyumコマンドを使用してインストールできます。

# yum install php-xcache xcache-admin

デフォルトでは、XCacheはパッケージマネージャーからDebianベースのディストリビューションで利用できます。したがって、次のapt-getコマンドを使用してXCacheパッケージをインストールできます。

# apt-get install php5-xcache

ステップ2:PHP用のXCacheの構成

XCache.ini構成ファイルには、このプラグインで使用するために不可欠であるため、理解しておくことをお勧めするいくつかの設定があります。 XCache構成設定の詳細については、XcacheIniを参照してください。設定を変更したくない場合は、XCacheで使用するのに十分なデフォルト設定を使用できます。

# vi /etc/php.d/xcache.ini
# vi /etc/php5/conf.d/xcache.ini
OR
# vi /etc/php5/mods-available/xcache.ini

ステップ3:Apache forXCacheを再起動する

構成設定が完了したら、ApacheWebサーバーを再起動します。

# /etc/init.d/httpd restart
# /etc/init.d/apache2 restart

ステップ4:PHP用のXCacheを確認する

Webサービスを再起動したら、次のコマンドを入力してXCacheを確認します。以下に示すようなXCache行が表示されます。

# php -v
PHP 5.3.3 (cli) (built: Jul  3 2012 16:40:30)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies
    with XCache v3.0.1, Copyright (c) 2005-2013, by mOo
    with XCache Optimizer v3.0.1, Copyright (c) 2005-2013, by mOo
    with XCache Cacher v3.0.1, Copyright (c) 2005-2013, by mOo
    with XCache Coverager v3.0.1, Copyright (c) 2005-2013, by mOo

または、ドキュメントのルートディレクトリ(/ var/www/htmlまたは/ var/www)の下に「phpinfo.php」ファイルを作成してXCacheを確認することもできます。

vi /var/www/phpinfo.php

次に、それに次のphp行を追加し、ファイルを保存します。

<?php
phpinfo();
?>

Webブラウザーを開き、「http://your-ip-address/phpinfo.php」のようなファイルを呼び出します。次の出力スクリーンショットが表示されます。

ステップ5:PHP用のXCache管理パネルを有効にする

パスワードを設定していない場合、デフォルトでは、管理パネルはhttp-authで保護され、無効な状態になっています。ユーザー/パスワードを設定するには、Xcache.iniファイルを開きます。ただし、最初に次のコマンドを使用してmd5パスワードを作成する必要があります。

# echo -n "typeyourpassword" | md5sum
e10adc3949ba59abbe56e057f20f883e

Xcache.iniファイルを開き、生成されたmd5パスワードを追加します。次の例を参照して、独自のパスワードmd5文字列を追加します。

[xcache.admin]
xcache.admin.enable_auth = On
; Configure this to use admin pages
 xcache.admin.user = "mOo"
; xcache.admin.pass = md5($your_password)
 xcache.admin.pass = "e10adc3949ba59abbe56e057f20f883e"

これを行う最も簡単な方法は、ディレクトリxcache全体(adminは以前のリリースでした)をWebルートディレクトリ(つまり、/ var/www/htmlまたは/ var/www)にコピーすることです。

# cp -a /usr/share/xcache/ /var/www/html/
OR
# cp -a /usr/share/xcache/htdocs /var/www/xcache
OR
cp -a /usr/share/xcache/admin/ /var/www/ (older release)

ブラウザから呼び出すと、http-authログインプロンプトウィンドウがポップアップ表示されます。ユーザーを入力/パスインすれば完了です。

http://localhost/xcache
OR
http://localhost/admin (older release)

参照リンク

XCacheホームページ