Linuxでファイルを使用して仮想ハードディスクボリュームを作成する方法


Virtual Hard Disk VHD )は、物理ハードドライブの内容全体を保存できる、仮想ハードディスクドライブを表すディスクイメージファイル形式です。これは、物理的なハードドライブと同じように機能するコンテナファイルです。ディスクイメージは既存のハードドライブを複製し、すべてのデータと構造的な機能を含みます。

物理的なハードドライブと同じように、 VHD にファイルシステムを含めることができます。これを使用して、データの保存だけでなく、オペレーティングシステム、アプリケーションの保存と実行もできます。オペレーティングシステムとアプリケーション、およびデータを格納するためのVirtualBox仮想マシン(VM)での VHD の一般的な用途の1つ。

この記事では、Linuxでファイルを使用して仮想ハードディスクボリュームを作成する方法を説明します。このガイドは、IT環境でテスト目的でVHDを作成するのに役立ちます。このガイドでは、 1 GB のサイズのVHDボリュームを作成し、 EXT 4 ファイルシステムタイプでフォーマットします。

仮想ドライブのボリュームを保持するための新しいイメージを作成する

これを実行する方法はいくつかありますが、最も簡単な方法は次の ddコマンドを使用することです。この例では、 1GB のサイズのVHDボリュームを作成します。

$ sudo dd if=/dev/zero of=VHD.img bs=1M count=1200

どこで:

  • if=/dev/zero: input file to provide a character stream for initializing data storage
  • of=VHD.img: image file to be created as storage volume
  • bs=1M: read and write up to 1M at a time
  • count=1200: copy only 1200M (1GB) input blocks

次に、 mkfsユーティリティを使用して、 VHD イメージファイルの EXT 4 ファイルシステムタイプをフォーマットする必要があります。次のスクリーンショットに示すように、 /media/VHD.img はブロック特殊デバイスではないというプロンプトが表示されたら、 y に答えます。

$ sudo mkfs -t ext4 /media/VHD.img

VHD ボリュームにアクセスするには、ディレクトリ(マウントポイント)にマウントする必要があります。これらのコマンドを実行して、それぞれマウントポイントを作成し、VHDボリュームをマウントします。 -o はマウントオプションを指定するために使用されます。ここで、オプションループは/dev/ディレクトリの下のデバイスノードを示します。

$ sudo mkdir /mnt/VHD/
$ sudo mount -t auto -o loop /media/VHD.img /mnt/VHD/

/media/VHD.img  /mnt/VHD/  ext4    defaults        0  0

これで、次のdfコマンドを使用して、マウントポイントを使用して新しく作成したVHDファイルシステムを確認できます。

$ df -hT

仮想ドライブボリュームの削除

VHDボリュームが不要になった場合は、次のコマンドを実行してVHDファイルシステムをマウント解除してから、イメージファイルを削除します。

$ sudo umount /mnt/VHD/
$ sudo rm /media/VHD.img

同じ考えを使用して、Linuxのファイルを使用してスワップ領域/スペースを作成することもできます。

それで全部です!このガイドでは、Linuxでファイルを使って仮想ハードディスクボリュームを作成する方法を説明しました。ご意見やご質問がありましたら、下記のコメントフォームからお問い合わせください。