UbuntuおよびLinuxMint用のPybackpack(Python Backpack)Managerツール


Pybackpackは、オープンソースのシンプルで強力でユーザーフレンドリーなファイルバックアップユーティリティで、Gnomeデスクトップ専用に作成され、GPLでリリースされていますが、他のデスクトップにも使用できます。他のバックアップアプリケーションの場合と同じように。インターフェースは非常にシンプルで、プロセス全体をユーザーフレンドリーではるかに簡単にする優れたデザインを提供します。

pybackpackツールは、バックアップ用のrdiff-backupプログラムとしてバックエンドを使用します。 rdiff-backupを使用する利点は、最初は完全バックアップを実行し、その後のバックアップでは更新されたファイルのみを使用することです。これは、ディスク容量とネットワーク帯域幅を節約するという点で非常に重要です。

Pybackpack BackupManagerのインストール

「Ctr + Alt + t」を押してターミナルを開き、次のコマンドを実行して、Ubuntu 12.10/12.04 /11.10およびLinuxMint14/13/12にPybackpackバックアップマネージャーツールをインストールします。

$ sudo apt-get install pybackpack

インストールしたら、デスクトップダッシュから起動するか、次のコマンドを使用します。

$ pybackpack

/ homeディレクトリをCDまたはDVDにバックアップします

開始すると、「移動」オプションのある「ホーム」タブが表示されます。「移動」ボタンをクリックすると、個人設定、電子メール、ドキュメント、その他の重要なファイルを含む/ homeディレクトリ全体がバックアップされ、自動的に書き込まれます。 ISOイメージファイルとしてのCDまたはDVD。

ローカルファイルシステムのバックアップ/ホームディレクトリ

完全バックアップを作成する代わりに、バックアップに含めるまたは除外するフォルダーとファイルを指定して、より高度なオプションを選択することにより、バックアップをカスタマイズできます。これを行うには、[バックアップ]タブをクリックし、ドロップダウンリストから[新しいバックアップセット]を選択します。

「編集」オプションをクリックします。これで、「バックアップセット」と呼ばれる、バックアップ用のファイルのセットを作成するために必要な手順をガイドするバックアップウィザードが表示されます。

バックアップセットの名前と説明を入力し、ドロップダウンリストから「ローカルファイルシステム」として宛先タイプを選択します。実際のバックアップが保存されるデフォルトの宛先ディレクトリを入力します。私の場合、それは/ home/tecmint/Tecmint-Backupディレクトリに保存されます。

次に、バックアップセットに含めるか除外する必要があるファイルとディレクトリを追加します。私はバックアップのために以下のファイルを含めました。除外するものはありませんが、バックアップしたくないファイルを除外することができます。

  1. /home/tecmint/Desktop
  2. /home/tecmint/Documents
  3. /home/tecmint/Downloads
  4. /home/tecmint/Music
  5. /home/tecmint/Pictures

これにより、レビュー用のバックアップの完全な概要が表示されます。変更を加える場合は、[戻る]ボタンをクリックしてください。選択を続行してバックアップを保存するには、「転送」をクリックします。

「適用」をクリックして、バックアップウィザードを終了します。

最後に、「バックアップ」ボタンをクリックして、バックアップセット中に指定した設定に基づいてバックアップを作成します。

バックアッププロセスが完了すると、「バックアップが完了しました」というメッセージが表示されます。

バックアップが正常に完了したかどうかを確認するには、バックアップディレクトリに移動して「ls-l」を実行します。次のフォルダが表示されます。

pybackpackはrdiff-backupユーティリティを使用して増分バックアップを追跡するため、「rdiff-backup-data」フォルダがある理由を心配していますか。したがって、次に同じバックアップセットを実行すると、最新の変更されたファイルのバックアップのみが作成されます。システムのディスク容量と帯域幅を節約するという点で非常に効果的です。

/ homeディレクトリをリモートシステムにバックアップします

CD/DVDまたはローカルシステムにバックアップを作成する代わりに、バックアップを作成してリモートサーバーに直接保存することもできます。再度「新しいバックアップセット」を作成し、リモートホストのバックアップディレクトリのユーザー名、ホスト名、場所を追加します。

ローカルシステムから/ homeディレクトリを復元する

「復元」タブに移動し、「ローカル」を選択して、バックアップ先ディレクトリを入力します。復元オプションは、バックアップセットの名前と説明を自動的に検出します。

バックアップの場所(つまり、/ home/tecmint/Tecmint-Backup)を入力すると、バックアップセットの名前と説明が「TecmintHomeBackup」としてすぐに検出されます。

復元によってファイルやフォルダが上書きされることはありません。/homeディレクトリの下に「restored_files」という新しいフォルダが作成され、このディレクトリの下にあるすべてのファイルが復元されます。たとえば、私の場合は「/ home/tecmint/restored_files/TecmintHomeBackup」になります。

リモートシステムから/ homeディレクトリを復元する

「復元」タブに移動し、「リモート(SSH)」を選択して、ユーザー名やホスト名/ IPアドレスなどのリモートホストの詳細を入力します。バックアップディレクトリの場所を指定し、「復元」ボタンをクリックします。

それでおしまい!ご質問やご質問がございましたら、コメントセクションを使用して返信してください。