Ubuntu 12.10でPHP5(FastCGI)/ MySQLサポートを使用してCherokee(Webサーバー)をセットアップする方法


Cherokeeは、GNU(General Public License)の下でリリースされた、豊富で柔軟性があり、軽量で高性能なオープンソースのオープンソースWebサーバー/リバースプロキシサーバーであるクロスプラットフォーム機能です。 Cherokeeプロジェクトは、C言語を使用して開発され、Linux、Mac OS X、Windowsなどのすべての主要なオペレーティングシステムで利用できるようになりました。 Cherokee Webサーバーの主な機能の1つは、Webサーバー関連のタスクを管理できるグラフィカルな管理インターフェイスを提供することです。

チェロキーの特徴

  1. Powerful Web interface for managing and configuring web server.
  2. Easy Web application deployment.
  3. Support for latest web technologies like PHP, FastCGI, CGI, SSI, TLS/SSL, LDAP, HTTP proxying, Content Caching, Video Streaming etc.
  4. Run on Linux, Windows, MacOS X and BSD

この記事では、PHP5(FastCGI)/ MySQLサポートを備えたUbuntu12.10サーバーにCherokee(Webサーバー)をインストールする方法を示します。この記事は古いバージョンのUbuntuもサポートしています。この記事に記載されているすべてのタスクを実行するには、rootユーザーとしてログに記録する必要があることを確認してください。

Ubuntu12.10へのMySQLのインストール

まず、CherokeeWebサーバーのMySQLサポートをインストールします。インストールの途中で、新しいMySQLrootユーザーパスワードを入力するように求められます。

# apt-get install mysql-server mysql-client

Ubuntu12.10でのFastCGIを使用したPHP5のインストール

次に、CherokeeWebサーバーのFastCGIをサポートするPHP5をインストールします。

# apt-get install php5 php5-cgi

FastCGIサポート用のPHP5の構成

fastcgiをサポートするには、ファイル/etc/php5/cgi/php.iniを開きます。

# nano /etc/php5/cgi/php.ini

そして、行cgi.fix_pathinfo u003d 1:のコメントを外し、ファイルを保存します。以下のスクリーンショットを参照してください。

Ubuntu12.10へのCherokeeWebサーバーのインストール

Cherokee独自のPPA(Personal Package Archive)リポジトリを使用しているので、ppaをシステムに追加して、システムの更新を行います。

# add-apt-repository ppa:cherokee-webserver/ppa
# apt-get update

PPAを追加したら、「Ctrl + Alt + T」でターミナルを開き、ターミナルからコマンドを入力します。 CherokeeWebサーバーをインストールするかどうかの確認を求められます。 「はい」と入力して続行します。

# apt-get install cheroke

Webサーバーを管理できるWebベースの管理コントロールパネルのCherokeeWebサーバーの優れた機能の1つ。コマンド ‘cherokee-admin’ を起動すると、後で使用するユーザー名とパスワードが1回起動されます(パスワードをクリップボードにコピーしてください)。デフォルトでは、Cherokee Webサーバーはポート番号9090でローカルホスト(127.0.0.1)またはシステムIPアドレス(xx.xx.xx.xx)にバインドされています。私の場合はhttp://10.0.2.15:9090のようになります。 /。

次に、ブラウザを開き、アドレスバーにhttp://127.0.0.1:9090/またはhttp://10.0.2.15:9090/と入力します。プロンプトが表示されたら、ユーザー名「admin」を入力します。これは、「cherokee-admin」コマンドで以前にコピーしたパスワードを貼り付けます。これは、WebインターフェイスがCherokee WebServerのように見えて実行されている方法です。

Cherokee Web Serverの起動、停止、およびステータスの確認方法。また、cherokee-adminとWebサーバーが実行されていることを確認します。

# /etc/init.d/cherokee status
# /etc/init.d/cherokee stop
# /etc/init.d/cherokee start
# /etc/init.d/cherokee restart
sudo netstat -antp | grep cherokee

cherokee-adminの実行を停止するには、ターミナルでCTRL + Cを押すか、次のコマンドを使用します。

sudo killall -TERM cherokee-admin

チェロキーのFastCGIサポートを使用したPHP5の構成

デフォルトでは、チェロキー語ではPHP5のサポートは有効になっていません。 http://10.0.2.15:9090/にあるCherokeeの管理コントロールパネルに移動して、手動で有効にする必要があります。

vServersに移動し、デフォルトのvhostを選択してから、[動作]タブに移動し、ルール管理を実行します。

左側の列に、使用可能なルールのリストが表示されます。参考までに下の写真を参照してください。

「動作ルールの追加」という「動作」タブの横にある「+」アイコンをクリックします。

左の列から「言語」を選択し、PHPを選択して「追加」ボタンを押します。

次に、「構成アシスタント」ウィンドウの「作成」ボタンをクリックします。

ステータスが「NONFINAL」の「Extensionsphp」という新しいルールが左側の列に追加されました。 「NONFINAL」をクリックして「FINAL」にします。

次に、右上隅に「保存」ボタンが表示されます。それをクリックして設定を保存します。

次に、Cherokee Webサーバーを再起動して、新しい変更を加えます。

# /etc/init.d/cherokee restart

次に、vServersに移動し、[動作]タブで、PHPが有効になっていることを確認します。

FastCGIサポートを使用したPHP5のテスト

WebサイトのデフォルトのWebルートディレクトリは/ var/wwwです。このディレクトリの下にphpinfo.phpというファイルを作成します。

# nano /var/www/phpinfo.php

次のコード行を追加して、ファイルを保存します。

<?php
phpinfo();
?>

次に、ブラウザでファイルをhttp://10.0.2.15/phpinfo.phpとして呼び出します。

上の図を参照してください。PHP5は他のロードされたモジュールでFastCGIサポートが有効になっていますが、リストに1つ欠けています(つまり、MySQL)。 MySQL forPHP5のサポートはまだ追加されていません。やってみましょう。

PHP5のMySQLサポートを有効にする

PHPのMySQLサポートを有効にするには、アプリケーションに必要な可能性のある他の重要なphpモジュールとともにphp5-mysqlパッケージをインストールします。

# apt-get install php5-mysql php5-gd php5-curl php-pear php5-imagick php5-memcache php5-xmlrpc php5-xsl

次に、CherokeeWebサーバーを再起動します。

# /etc/init.d/cherokee restart

ブラウザ(http://10.0.2.15/phpinfo.php)を更新し、「mysql」を検索すると、他のモジュールのリストを含むMySQLセクションが表示されます。

それでおしまい!詳細については、Cherokee WebServerにアクセスしてください。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022