Ubuntu20.04サーバーをインストールする方法


FocalFossaとも呼ばれるUbuntuServer 20.04がCanonicalからリリースされ、インストールの準備が整いました。この記事では、ロングタームサポート付きのUbuntu 20.04 ServerEditionをマシンにインストールするプロセスについて説明します。

デスクトップの新規インストールまたはサーバーのアップグレードをお探しの場合は、以前の記事「Ubuntu20.04デスクトップのインストールとUbuntu20.04へのアップグレード方法」をお読みください。

次のリンクを使用して、64ビットシステムでのみ提供されるUbuntu20.04ライブサーバーインストールISOイメージをダウンロードします。

  1. ubuntu-20.04-live-server-amd64.iso

ISOイメージをダウンロードした後、Rufusツールを使用して起動可能なDVDを作成するか、Unetbootin LiveUSBCreatorを使用して起動可能なUSBドライブを作成する必要があります。

Ubuntu 20.04 ServerEditionをインストールします

1.インストールプロセスを開始するには、起動可能なCD/DVDをマシンのポートのドライブまたはUSBに挿入します。次に、コンピュータの起動キー( F9 F10 F11 、または F12 メーカーの設定によって異なります)。

システムが起動すると、次のスクリーンショットに示すインストーラーのウェルカムインターフェイスが表示され、インストール言語を選択するように求められます。 Enterキーを押して続行します。

2.次に、キーボードレイアウトを選択し、Enterキーを押して続行します。

3.システムがネットワークに接続されている場合、DHCPサーバーからIPアドレスを受信する必要があります。 [完了]を押して続行します。

4.ネットワークの設定に基づいて、インターネットに接続するためにプロキシサーバーが必要な場合は、ここにその詳細を入力します。それ以外の場合は、空のままにして[完了]を押します。

5.次に、Ubuntuアーカイブミラーを構成する必要があります。インストーラーはあなたの国に基づいてそれを自動的に選択します。 [完了]を押して続行します。

6.次に、ストレージを構成します。以下に説明するように、ストレージレイアウトを作成する必要があります。このガイドでは、これを手動で行う方法を示します。したがって、[ディスク全体を使用する]に移動し、[このディスクをLVMグループとして設定する]オプションをオンにします。

インストーラーがルートパーティション(デフォルトでは小さいサイズ)を作成することに注意してください。その後、手動でそのサイズを編集し、スワップパーティションを作成することもできます。

次のスクリーンショットは、デフォルトのファイルシステムの概要を示しています。私たちのテストマシンには、合計80GBのハードディスク容量があります。

7.次に、[USED DEVICES]で、ルートパーティションまでスクロールし、Enterキーを押してパーティションオプションを取得します。次のスクリーンショットに示すように[編集]を選択し、Enterキーを押します。

8.次に、次のスクリーンショットに示すように、パーティションサイズを編集します。たとえば、50 GBに設定して下にスクロールするか、タブを使用して[保存]に移動し、Enterキーを押します。

9.これで、次のスクリーンショットで強調表示されているように、ルートパーティションのサイズは編集中に指定したサイズになります。

注:個別の/home パーティションを作成したくない場合は、次の手順をスキップして、スワップパーティションを作成してください。

10.次に、ユーザーファイルを保存するためのホームパーティションを作成する必要があります。 [利用可能なデバイス]で、LVMボリュームグループを選択し、Enterキーを押します。パーティショニングオプションで、[論理ボリュームの作成]まで下にスクロールします。

11.次に、ホームパーティションのサイズを入力します。スワップパーティション/エリア用にいくらかのスペースを残すように適切に設定してください。次のスクリーンショットで強調表示されているように、[フォーマット]で[ext4]を選択すると、[マウント]は/home になります。次に、[作成]まで下にスクロールして、Enterキーを押します。

/home ファイルシステムが正常に作成されました。

12.次に、スワップパーティションを作成する必要があります。 [利用可能なデバイス]で、LVMボリュームグループを選択し、Enterキーを押します。パーティショニングオプションで、[論理ボリュームの作成]まで下にスクロールします。

13.次に、パーティションサイズを編集し、次のスクリーンショットで強調表示されているように[フォーマット]フィールドをスワップに設定して、Enterキーを押します。

14.新しいファイルシステムの概要には、/boot /root /home 、および swap が含まれているはずです。次のスクリーンショットに示すようにパーティション。変更をハードディスクに書き込むには、[完了]まで下にスクロールして、Enterキーを押します。

15. [続行]を選択してアクションを確認し、Enterキーを押します。

16.次に、名前、サーバーの名前、ユーザー名、および安全で強力なパスワードを指定して、ユーザープロファイルを作成します。次に、[完了]までスクロールして、Enterキーを押します。

17.次に、インストーラーは、リモートアクセス用のOpenSSHパッケージをインストールするように要求します。スペースを使用してそのオプションを選択します。次に、[完了]まで下にスクロールして、Enterキーを押します。

18.いくつかのスナップをインストールする場合は、提供されたリストからそれらを選択します。スペースバーを使用してスナップを選択します。次に、[完了]に移動して、Enterキーを押します。

19.次のスクリーンショットに示すように、インストールプロセスが開始されます。完了したら、Enterキーを押してシステムを再起動します。

20.再起動後、次のスクリーンショットに示すように、新しいUbuntu 20.04LTSサーバーにログインできます。

それはすべての友達です!これで、Ubuntu 20.04LTSサーバーエディションがマシンに正常にインストールされました。以下のフィードバックフォームから、このガイドに関するコメントを残すことができます。