FTPネットワークソースを使用して複数のCentOS / RHELサーバーをインストールする方法


このチュートリアルでは、ネットワークソースとして FTP サーバー(vsftpd)を使用して、RHEL/CentOS8/7をインストールする方法を示します。これにより、インストールを実行するマシンの最小ISOイメージと、ソースを保持するサーバーマシンのFTPサーバーパスにマウントされた抽出されたバイナリDVD ISOを使用して、単一のソースポイントから複数のマシンにRHEL/CentOSLinuxをインストールできます。木。

これを機能させるには、ネットワークに接続されたマシンにRHEL/CentOS 8/7がインストールされている必要がありますが、他のRHEL/CentOSバージョン、またはFTP、HTTP、または他のLinuxディストリビューションを使用することもできます。 NFSサーバーがインストールされ機能しているため、RHEL/CentOSバイナリDVDISOイメージをマウントしますが、このガイドでは、Vsftpdサーバーのみを使用したRHEL/CentOS8/7に焦点を当てます。

VsftpdサーバーとDVD/USBドライブにあるバイナリDVDISOイメージを使用したRHEL/CentOS8/7の最小限のインストール。

次のリンクから取得できるRHEL/CentOS8/7最小ISOイメージをダウンロードします。

ステップ1:サーバー側でネットワークソースを準備する

1.最初のステップは、次のyumコマンドを発行して、CentOS/RHELサーバーに Vsftp サーバーをインストールすることです。

# yum install vsftpd

2. Vsftpd バイナリパッケージがシステムにインストールされたら、サービスを開始し、有効にして、ステータスを確認します。

# systemctl start vsftpd
# systemctl enable vsftpd
# systemctl status vsftpd

3.次に、IPコマンドまたはifconfigを使用してシステムの外部 IPアドレスを取得します。これは、後でリモートの場所からネットワークソースにアクセスする必要があります。

# ip addr show
OR
# ifconfig

4. Vsftpサーバーを外部接続で使用できるようにするには、次のコマンドを使用してシステムにファイアウォールルールを追加し、ポート 21 を開き、永続的なステートメントを追加した場合は、ファイアウォールを再起動して新しいルールを適用します。

# firewall-cmd --add-service=ftp --permanent
# systemctl restart firewalld

5. RHEL / CentOS 8/7 バイナリDVDISOイメージをすでにダウンロードしていると仮定して、それをマシンのDVD-ROM/USBドライブに置き、ループとしてマウントします。 Vsftpサーバーパスへの読み取り専用属性を使用– vsftpdの場合、通常、場所は/var/ftp/pub/で、次のコマンドを使用します。

# mount -o loop,ro /dev/sr0  /var/ftp/pub/           [Mount DVD/USB]
OR
# mount -o loop,ro path-to-isofile  /var/ftp/pub/    [If downloaded on the server]

6.これまでの結果を確認するには、離れた場所からブラウザを開き、FTPプロトコルを使用してアドレス ftp:// system_IP/pub/に移動します。

上のスクリーンショットからわかるように、インストールツリーディレクトリが、バイナリDVDISOイメージの抽出されたコンテンツとともに表示されます。これで、 FTPネットワークソースをリモートインストールに使用できるようになりました。

ステップ2:ネットワークインストールソースを–リモートクライアントに追加する

6.次に、上記で構成したサーバーを FTPソースインストールとして使用して、RHEL/CentOS8/7を他のマシンにインストールします。 RHEL/CentOS 8/7のインストールを実行するシステムで、最小限の起動可能なバイナリISOイメージをDVD-ROM/USBドライブに配置します。起動可能なUSBドライブを作成するには、UnetbootinBootableまたはRufusツールを使用します。

以前の記事で説明したRHEL/CentOS 8/7のインストールプロセスと同じ手順を使用しますが、インストールの概要の順序を少し変更します。

日付と時刻、キーボードと言語を構成したら、ネットワークとホスト名を移動し、システムのイーサネットカードをオンに切り替えて、ネットワーク構成を自動的に取得し、ネットワーク接続を取得します。ネットワーク上にDHCPサーバーがあるか、静的IPアドレスを使用して構成します。

7.ネットワークカードがアクティブで操作可能になったら、ネットワークインストールソースを追加します。 インストールの概要メニューからソフトウェア-> インストールソースに移動します。次の画像のように、FTPプロトコルを使用してネットワークインストールソースを選択し、FTPサーバーのIPアドレスとパスで以前に構成したソースを追加します。

ftp://remote_FTP_IP/pub/

8.ネットワークインストールソースを追加したら、上の完了ボタンを押して変更を適用し、インストーラーがネットワークソースを検出して自動的に構成するのを待ちます。すべての設定が完了したら、ローカルのバイナリDVD ISOイメージを使用している場合と同じ方法で、インストール手順を進めることができます。

9.ネットワークソースを追加する別の方法は、ブートメニューの TAB キーを押してインストールプロセスにオプションを追加し、次の行を追加して、ブートメニューのコマンドラインからネットワークソースを設定することです。

ip=dhcp inst.rep=ftp://192.168.1.70/pub/
  1. ip=dhcp -> automatically starts your NIC and configures using the DHCP method.
  2. inst.rep=ftp://192.168.1.70/pub/ -> your FTP server IP Address and path that holds the DVD mounted Installation Sources.

10.ブートコマンドラインの編集が終了したら、 Enter キーを押してインストールプロセスを開始します。FTPネットワークインストールソースが自動的に構成され、インストールの概要に表示されます。

このチュートリアルでは、ソースインストールのネットワークロケーションとしてFTPプロトコルのみを使用する方法についてのみ説明しますが、同様に、HTTPSやHTTPなどの他のプロトコルを使用できます。唯一の変更点は、バイナリDVDISOのコピーを使用するNFSプロトコルです。システムにDVDISOイメージをマウントする必要なしに、/etc/exports ファイルで構成されたエクスポートされたパス上のイメージ。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022