コンピュータにPop!_OSをインストールする方法


Pop_OSは、Ubuntuに基づいており、System76によって構築されたLinuxディストリビューションです。これは、プロジェクトを発見および作成するためのツールとしてコンピューターを使用するソフトウェア開発者、メーカー、およびコンピューターサイエンスの専門家向けに特別に構築されています。

  • Development tools and programming languages are supported natively.
  • Has advanced window tiling management, workspaces, and keyboard shortcuts for easy navigation.
  • Provides native access to the toolkits used for machine learning and artificial intelligence.
  • Allows you to view apps and add to favorites for rapid access and much more.
  • Support only 64-bit x86 architecture.
  • At least 4 GB of RAM recommended.
  • At least 20 GB of storage is recommended.

システムにPop!_OSをインストールする

Pop!_OSをインストールするには、最初にPop!_OSISOイメージをダウンロードする必要があります。入手したら、起動可能なフラッシュドライブを作成します。ディスクイメージをフラッシュドライブに書き込んだり、Etcherを使用してPop!_OS .iso イメージをドライブに書き込んだりするために使用できるさまざまなツールがあります。

次に、起動可能なUSBスティックを適切なスロットに配置し、マシンを再起動し、特別なファンクションキー(通常は F12 F10 または F2 )。

次に、システムの起動可能なデバイスのリストに表示されているUSBドライブを選択します。システムが起動すると、以下に示すようにPop!_OSデスクトップが表示されます。この時点で、インストールのウェルカム画面が表示されます。下のスクリーンショットに示すように、インストールプロセスに使用する言語を選択してください。次に、「続行」をクリックします。

次に、使用するキーボードレイアウトを選択し、[続行]をクリックして続行します。

次に、Pop!_OSをコンピューターにインストールする方法について2つのオプションが表示されます。別のオペレーティングシステム(別のLinuxディストリビューション、Windows、macOSなど)がすでにインストールされていて、それを削除したい場合は、[クリーンインストール]を選択します。それ以外の場合は、「カスタム(詳細)」オプションを選択して、パーティションを手動で作成します。デュアルブートが必要な場合、または選択した別のドライブに別の/home パーティションを作成する場合。

次に、ドライブを暗号化するか、暗号化しないようにします。暗号化する場合は、[パスワードの選択]ボタンを選択し、暗号化しない場合は、[暗号化しない]ボタンをクリックします。

これでPop!_OSのインストールが始まります!

Pop!_OSがシステムに正常にインストールされました!コンピューターを再起動して、Pop_OSのインストールをセットアップすることを選択できます。

システムを再起動すると、以下のウェルカム画面が表示されます。

次に、入力方法またはキーボードレイアウトを選択し、[次へ]をクリックして続行します。

このステップでは、場所の設定を定義する必要があります。完了したら、[次へ]をクリックして続行します。

次に、システムのタイムゾーンを定義し、[次へ]をクリックします。

次に、アカウントを接続して、メール、カレンダー、ドキュメント、写真に簡単にアクセスします。

次に、デフォルトのシステムユーザーのフルネームとユーザー名を設定し、[次へ]をクリックして続行します。

また、デフォルトのシステムユーザーのパスワードを設定し、[次へ]をクリックします。

この時点で、準備ができているはずです。 「Pop_OSの使用を開始」をクリックしてデスクトップにアクセスします。

おめでとう!これで、Pop_OSがコンピューターに正常にインストールされました。あなたは今あなたの可能性を解き放つことができます。以下のフィードバックフォームを介して、このUbuntuベースのディストリビューションについての考えを共有することを忘れないでください。