LinuxでSublimeTextEditorをインストールして使用する方法


テキストエディタとIDEについて話すとき、どのテキストエディタ/ IDEが最適であるかについて、プログラマーの間で常に終わりのない議論があります。まあ、選択は常に個人的です。私は、単一のエディター/ IDEに固執する人々と、一度に2〜3つのエディター/ IDEを使用する人々を見てきました。これは、作業の性質とエディター/ IDEが提供する機能によって異なります。

この記事は、その速度、魅力的なユーザーインターフェース、使いやすさ、豊富なコミュニティサポート、その他多くのことで際立っている人気のあるテキストエディターについて説明しています。はい、それは「崇高なテキスト」です。 2008年の最初のリリースで、C ++とPythonで記述された、Sublime Textはクロスプラットフォームであり、高度にカスタマイズ可能です。この記事を書いている時点で、最新バージョンは3.2.2です。

Sublime Textテキストはオープンソースでも無料でもありません。1回限りのライセンスを購入する必要があります。ただし、評価に使用するオプションがあり、ライセンスを購入する時間制限はありません。

LinuxシステムへのSublimeEditorのインストール

Sublime Text Editorはクロスプラットフォームであり、Linux、Windows、またはMacシステムで使用できます。 LinuxのさまざまなフレーバーにSublimeText 3をインストールするには、以下の手順を参照してください。

$ wget -qO - https://download.sublimetext.com/sublimehq-pub.gpg | sudo apt-key add -
$ sudo apt-get install apt-transport-https
$ echo "deb https://download.sublimetext.com/ apt/stable/" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/sublime-text.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install sublime-text
$ sudo rpm -v --import https://download.sublimetext.com/sublimehq-rpm-pub.gpg
$ sudo yum-config-manager --add-repo https://download.sublimetext.com/rpm/stable/x86_64/sublime-text.repo
$ sudo yum install sublime-text 
$ sudo rpm -v --import https://download.sublimetext.com/sublimehq-rpm-pub.gpg
$ sudo dnf config-manager --add-repo https://download.sublimetext.com/rpm/stable/x86_64/sublime-text.repo
$ sudo dnf install sublime-text 

インストールが完了したら、スタートメニューから優先アプリケーションに移動して、Sublime TextEditorをデフォルトのテキストエディターとして設定できます。私はLinuxMint 19.3を使用していますが、OSのフレーバーに応じて、デフォルトのオプションを設定できます。

次のように入力して、ターミナルからSublime TextEditorを起動することもできます。

$ subl

SublimeEditor用のパッケージマネージャーをインストールします

Sublime Textは、デフォルトでは、強力にする機能を備えていません。フロントエンドWeb開発、バックエンド開発、スクリプト、構成管理ツール、または入手したデータベースのパッケージが必要です。

パッケージ関連の情報は、パッケージコントロールにあります。パッケージをインストールするには、最初に「PACKAGE CONTROL」をインストールする必要があります。これは、崇高なパッケージ管理(インストール、有効化、削除、無効化、一覧表示など)を処理します。

CTRL + SHIFT + P 」を押します。コマンドパレットが開きます。 「 InstallPackage Control 」と入力して、Enterキーを押します。

これで、パッケージのインストール、パッケージの一覧表示、削除または無効化などを開始できます。

CTRL + SHIFT + P 」→COMMANDPALLET→「 TYPEPackage 」を押します→パッケージ管理に使用できるすべてのオプションが表示されます。

Sublimeにパッケージをインストールする

パッケージをインストールするには、「 CTRL + SHIFT + P 」→COMMANDPALLET→「 installpackage 」→「 packageName 」を押します。

以下は、インストールするパッケージのリストであり、パッケージのプロパティを構成する方法を示しています。

このパッケージは、ファイルとフォルダを処理するためのより多くのオプションを提供します。 Sublimeをインストールした後、「サイドバー」→右クリック→オプションが表示されます。次に、「SideBarEnhancements」をインストールして違いを確認できます。

SideBar拡張機能をインストールするには–コマンドパレット[ CTRL + SHIFT + P ]→INSTALLPACKAGE→SIDEBARENHANCEMENT。

Sublimeには、UIと構文の配色を変更するオプションがあります。配色はコードの構文の色を設定し、テーマはUIの外観を変更します。

「PREDAWN」テーマを使用しています。あなたはあなたが最もよく感じるものを選ぶことができます。パッケージコントロール/テーマから利用可能なテーマを確認できます。

テーマをインストールするには–コマンドパレット[ CTRL + SHIFT + P ]→INSTALLPACKAGE→PREDWAN。

このパッケージは、サイドバーのファイルとフォルダーにきれいなアイコンを追加します。あなたが選ぶことができるいくつかのオプションがあります。 「ファイルアイコン」を使用しています。

ファイルアイコンをインストールするには–コマンドパレット[ CTRL + SHIFT + P ]→パッケージのインストール→ファイルアイコン。

SFTPパッケージを使用すると、リモートサーバーでプロジェクト/コード(フォルダー)を同期できます。これは、本番サーバーがクラウドで実行されていて、開発マシンがローカルであり、コードをリモートサーバーに簡単に同期できる場合など、多くの場合に非常に役立ちます。

SFTPをインストールするには–コマンドパレット[CTRL + SHIFT + P]→パッケージのインストール→SFTP。

SFTPを設定するには、リモートで同期する必要があるプロジェクトフォルダを選択します。フォルダ内に「sftp-config.json」ファイルが作成されます。

これは、ユーザー名、ホスト名、パスワード、リモートパスなどの詳細が宣言されるSFTP設定ファイルです。ローカルコピーを保存するとすぐに変更を同期する「upload_on_save」などのオプションを有効にすることもできます。

注:「sftp-config.json」は特定のフォルダーに固有です。リモートマッピングごとに、新しい構成ファイルが作成されます。

FOLDER→右クリック→SFTP→MAPTOREMOTE→SFTP-CONFIG.JSON。

デフォルトでは、Sublimeにはターミナルが統合されていません。 Terminusは、崇高なクロスプラットフォーム端末です。

Terminusをインストールするには–コマンドパレット[ CTRL + SHIFT + P ]→INSTALLPACKAGE→TERMINUS。

Terminusを開始する2つの方法:

  1. COMMAND PALLET [ CTRL + SHIFT + P ] → TERMINUS: TOGGLE PANEL.
  2. COMMAND PALLET [ CTRL + SHIFT + P ] → TERMINUS KEY BINDINGS → DECLARE SHORTCUT KEY.

このパッケージを使用すると、複数のデバイス間でパッケージと設定を同期できます。 Github-Gistを使用して、バックアップを保存するための信頼性の高い安全な方法を提供します。

SYNC設定をインストールするには–コマンドパレット[ CTRL + SHIFT + P ]→パッケージのインストール→SYNC設定。

ブラケットハイライターパッケージは、さまざまなブラケット、さらにはカスタムブラケットにも適合します。色、さまざまなブラケットスタイル、およびハイライトモードをカスタマイズすることもできます。

ブラケットハイライターをインストールするには–コマンドパレット[ CTRL + SHIFT + P ]→INSTALLPACKAGE→BRACKETHIGHLIGHTER。

上記のセクションで説明した6つのパッケージの他に、数百のパッケージが利用可能です。 Package Controlのさまざまなパッケージを調べて、ニーズを満たす方を試してください。

崇高なショートカットはカスタマイズ可能であり、VScodeやAtomなどの他のエディターに切り替えようとしている場合はショートカットを移植できます。

キーボードショートカットをカスタマイズするには、コマンドパレット[ CTRL + SHIFT + P ]→設定:キーバインド。キーバインディングには2つのセクションがあります。1つはデフォルトのキーバインディングで、もう1つはカスタムキーバインディングを配置できるユーザー定義のキーバインディングです。ショートカットの一覧とその機能は「DEFAULTKEYMAPFILE」から入手できます。

この記事では、Linuxに崇高なテキスト3をインストールする方法を見てきました。パッケージといくつかの重要なパッケージとショートカットをインストールする方法。この記事は、特定のプログラミング言語用の崇高なテキストの構成に関連して作成されたものではありません。次の記事では、Python開発用に崇高なテキスト3を設定する方法を説明します。